コスプレイヤーは公園に行けばよくないか?

ということで本日夏のコスモールが開催。
いろいろ思うところはあるのだが、まあとりあえず終了したようで。ふう。

・・・でも先日、名古屋市が荒子川公園等のコスプレをOKにしてというニュースを見かけたんだが・・意外にコスプレイヤーに伝わってないのか?

https://mottodaisuki.city.nagoya.jp/concierge/

具体的な内容は行政独特のなんでもPDFをちゃんと見てもらうとして、とりあえず荒子川公園でも軍装のような一般人が威圧感を感じるようなものでなければ名古屋市公認でコスプレ撮影OK~ということになったようだ。

個人的なコスプレイヤーの印象を”クリエイター側の視点”で言わせてもらうとコンテンツの寄生虫としか言いようがないと思う。
特に名古屋近辺のコミケ的なイベントは特にひどい・・。
コスプレイヤーとカメコがコスプレするために来てるような状態になり、その結果ろくに同人誌が売られなくなった。
正確に言えばコスプレや撮影目的の来場者が増えすぎて、そういった人が大量に目の前に居るのに同人誌を誰も買わないといった状況が生まれてしまった。
売るとしてもアクキーや缶バッジなど絵を一枚描いて売れるもの・・・いやそれダメだから!!二次創作じゃなくてただの偽物グッズだから!!
こうして権利者からも疎まれ、将来のクリエイターの卵も同人誌を描かなくなる。買う人が居なきゃそりゃばかばかしくてコミケイベントなんかには参加しないわな。というわけで、どんどんとコスプレイベント化する。
しまいにはカメコの野郎どもがブースを荷物置き場兼入場料として取るようになるといった具合。

考えてみればイオンモール名古屋みなとも同じ状況だった気がする。
コスモールが開かれると、その後に決まって退店するテナントが出る。目の前にたくさんコスプレイヤーやカメコが居るのに、まったく商品が売れない。
つまりここで営業していても無駄・・という結論になってしまうわけだ。
本当にそれだけが理由じゃなかったとしても、退店する言い訳にはちょうどいい。

さて今回はいくつ店舗無くなるだろうか?
鞄屋さんがすでに閉店宣言をしているが夏休み終了までは粘るようだ。おそらく夏休み終了時までは亡くなることはないかもしれないがそれぐらいの時期にまたなくなる可能性はあると思っている。

イヤ・・ホント・・・なんとかしてください。
廃墟イオンも実はコスプレイヤーの問題かもしれないですよ。

個人的にはコスプレイヤーが寄生虫だから死滅すべし!といいたいわけじゃない。まあ偽物グッズや写真集とかは自粛してほしいけどさ。
そもそも昔からコミケ系イベントにはコスプレイヤーは居た。でもそれはクリエイターや作品を応援するために居たんだよ。オマエラ自身がカメコにチヤホヤされるためにコスプレがあったんじゃねぇよ!と。

具体的にはとにかくカメコをコスプレ会場から追い出すべきなんじゃないんですか?

荒子川公園とかコスプレ公認の場所に出かけて行けばいい。
個人的にはコスプレで街を歩いたっていいんだ。ただカメコを引っ張ってくるな・・・と。

これを行うにはコスプレイヤー自身の行動でしかできないんじゃないだろうか?

今回ラウンジに居たらRe:ゼロのレムのコスプレした女の子と、普通の服のおばちゃんが話していた。おそらく母親か何かの保護者じゃないかと思う。

コスモールは母親などの保護者と来やすいというメリットもあるかもしれない。
「は?うちの娘の写真を撮りたい?何言ってんの・・あっち行け!!」といえる人が必要なんじゃないだろうか?
カメコではなく保護者やボディーガードぐらいに安心できる友達といっしょにコスプレをしてほしい・・と思ったイベントでした。

投稿者: 奥田泰光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です