DirtyBombサーバー終了

ついにこの日が来たか・・Dirtybombのサー・・・サービスじゃなくてサーバー終了。まあサービス終了といっても悪くはないか?

要約すると2019年12月18日でオフィシャルのサーバーが終了。
いままででもそうなのだけどゲームのアップデートは今後もなし。
但し・・i3D.netのレンタルサーバーサービスは今後も続くと。ゲームホスティングとかいった言った方が正確だけど、まあこっちの方がわかりやすいと思うので。

ある意味で”サービス”で課金要素がまったくないゲームのサーバーを運営してましたが、その”サービス”を終了しますよと。まあサービス終了といってもまだゲームは遊べるで~☆

で、i3Dのレンタルサーバーのこと。
まあ月額とかでプレイできる部屋をお金を出して借りることが出来る。
TOKYOサーバーもある!ただ地域や最大プレイ人数によって料金が変化。東京はちょっとお高めで14人部屋で一か月€ 26.9かな?今のレートだと3290円ぐらいか。

・・・Dirtybombの歴史を知ってるとわかるかもしれないけど、以前レンタルサーバーシステム自体はあったんだよね。multiplay.comってとこの。
ネクソン時代、ごり押しで実装されたと思われた爆破モードもレンタルサーバーでは使えるのがポイントみたいな。
でも経営難なのか初期にはあった東京や韓国サーバーがこのmultiplayではなくなっちゃたんだよね。気が付くとホスティングシステム自体が消えていた的なw
武器スキンのトレードシステムもそうだけどさ・・・不幸だよな。

で、代わりに登場したのがi3Dって感じ。少し前にi3DのTOKYOサーバーも立ってた。タブンこの代替サービスの実験だったということだろう。

ただ・・・TOKYOサーバーで悲しい事件も起きた。クソ芋ファッキンジャップがこのサーバーでひたすら芋る>嫌われてサーバーから人が居なくなるという流れ。
たまには対抗しようとした初心者で芋だらけとか・・・もうね。オブジェクトルールで芋ってるんじゃねぇよ!クソジャップ!!

ということで個人的には割と歓迎する流れかもしれない。eSports部のコミックのこともあるし、今のeSports儲かる詐欺にこっちの方が正しいといいやすいというのもある。月3300円とかなら昔のちょっと高めのMMOの月額課金ぐらいだし、借りてもいいと思うんだが・・・クソ芋ファッキンジャップが怖い。あんな屑野郎の為に金出したくねぇぞ。オーナーが特定のプレイヤーBAN出来るのかな?

そうそう。さっきもう消えるのか突然メンテナンスに入った。

入りなおしたところこんな感じでi3Dのサーバーがすでに並んでいたので、当面はオフィシャルのサーバーがなくてもi3Dのサーバーでなんとかなりそう。というかクソ芋ファッキンジャップがさっそうと現れて部屋潰してく状態になると、まともな人は別のサーバーに移動するので、i3DのPING60の部屋が立っていると、正直金出して立てにくい。

クソ芋ファッキンジャップの人はぜひ自腹でサーバー立ててくださいね!というかそれぐらいしてくれたほうがいいかも。
もちろんスナイパーが全部が悪いわけじゃない。いついかなる時もヴァジリってるとか、自分が高レベルのせいで味方が弱いのでいきなりチームスイッチするとかが悪いだけだしね。自分のサーバーに人を呼ぶために嫌われないプレイを心掛けてくれた方が良いのかもしれない。
狙撃に自信があるならスパークスで前線の味方をバリバリ蘇生するネクロマンサーメディックが常駐してるサーバーとかの方が行きたくなるじゃん?

ともかくまああれだ。
本来残念なお知らせだが、割とワクワクする。サーバー無くなったら俺が一部屋は立てるのでこれからも遊ぶぞ☆っと!

投稿者: 奥田泰光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です