Twitter辞める止める詐欺ファイナル

結構なツイ廃だと思うオジサンだが、どうやらようやくTwitter止められそう。

Twitter止めるってのはアカウント削除すればいいというものではない。ログイン連携にすでに結構使っているので、削除してログインできなくなってもいいという状態になるまでアカウントはあるけど使わないorあまり使わない状態にならなければいけない・・・。

ということで定期ツイート削除とかも含めて距離を取ろうとは思ってたのだが、先日のエントリーのように”ツイートしたけりゃ絵を描け”もしくは”ブログで少し長文で書け”というのが俺にはよさそう。

まあそれとは別に・・・なんか最近Twitter気持ち悪くなってない?

オジサン元ゲーム業界の人なので、思い出話とかするし、若いころのしょぼいドット絵とかのゲームを元に本を出したり、金儲けしたりするとムカつくんよ。
それ以外にも結構酷評もする。

今まではそれでよかった気がするんだが・・・なんか変わってきた気がする。

匿名でネット上で良い評判をばらまき、逆に酷評する奴に噛みつき続けてそいつらの言葉を封じようとする。実際にはそこまで考えてないとは思うんだが、Twitterに広告が増えてきた~ってのも多くなってきて、積極的に発言する奴は金儲けのために使ってるという印象が増えてきたように思う。

いや・・・悪評や、自分にとって嫌なヤツはブロックしてもいいんやで?
例えば今の会社の実態が存在しないのに続編で金儲けしまくってるタイトー批判とか俺はしまくってるけど、タイトー関係者は見たくなきゃブロックしてくれればいい。元同僚でもぜんぜんいいぞ。ちょっとは傷つくけど、タイトーに関わってるゲーム業界関係者にムカつかれるのはしょうがないと思ってる。こっちもタイトーにムカついてるんだからお互いさまやで。

だが”ブロックしちゃダメ”と考える人が多いから、意見をかえさせようとリプしたり、リツイートした後で持論を展開するという名目で”他人を批判することになる”
100人前後しかフォロワー居ない人間の批判を万単位とか”信者”が居る連中が遠回しに訴訟されない程度に言葉を選んで布教始めるんやで。
「この方はかわいそうだ・・・レトロゲーム教に入会すれば救われるのに・・」みたいな。

…マジで気持ち悪い。

~~とまあ・・そんなのが定期的にあるのがめんどくさくなってきたのでようやく辞められるようになったというか。

そもそも俺はツイートで”ちょっと楽しませたい”だけなんだ。俺にしかできないジョーク感覚というか。
昔のゲーム業界話したり、ムカつくやつの批判だって”完全な事実”ならゲーム業界のブラック批判として・・・ゲーム業界に社員としてはまったく戻る気が無くなった今だからこそ言える。
とはいえ、理不尽な特に理由もなく発売中止になったゲームに関わった人の心はわかりすぎて、そういう事例と思われるのを見ると他人事でも結構許せなかったりして怒ったりもするのが・・・まあ結果的によくないのかも。

だがまあ・・・どうせ”ちょっと楽しませる目的”で同じ5分使うなら、そんな奴らに関わるリスクを冒すより、ラクガキをアップした方がいい~~ってのに気が付いたってとこかな?インスタグラムに写真投稿する感覚というか。

今度こそやめられるかも。

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です