アイドルや大衆演劇はネットからお金をもらうべき

名古屋も新型コロナが猛威を振るっているし、先日ちょっと酷い風邪症状があったので今回は応援している大衆演劇もいかないことにする。無症状ってやつかもしれないしね。

だが・・いいかげんいかなかった入場料ぐらい支払えるようにしろよと思う。デジタルに興味がないとか、iPhone以外使わないとかそういうのは、さすがにこの状況ではそろそろ怠慢だぞ。

そういえばアイドルが卒業後、2週間でアダルトビデオデビューとかも話題になっていたな。
CDとかの売り上げだけで活動できるアイドルなどそうそうはいないだろうし、いわゆる地下アイドルと言われる人達は、生活の為にそうするしかないかもしれない。だれでもできる肉体労働~~ってのも間口が閉じてるからね。

それに対してVTuberが億単位の投げ銭を得たとかのニュースも。普通に地下アイドルとかのファンの資金が流入してるんじゃないかと思う。

いや、ここでアイドルや大衆演劇がデジタルのファンにアピールしないでどうすんのよ?ASMR作品作って売るとかいくらでもできるやん?

何十枚も絵を描いて、100円とかでしか売れないラインスタンプの絵を提供しろとか言ってくるの逆にだんだんムカついてんのよ。

ただ本当に彼らは華々しい活動する裏ではバイトに明け暮れて、デジタルの勉強どころではないかもしれない。

ということで、今回は少し紹介してみよう。一応いっておくがうまくいくとは限らんぞ。

■ファンサイト・クラウドファウンディング
最近では危なくなった老舗とかが過去に利用したファンなどに向けてクラウドファウンディングで支援してください!というのが増えてきた。
ただクラウドファウンディングはリターンもある程度必要だし、仮に100万円とかあつまって目標達成!となっても、3か月とか無給状態だと普通に使いきって、半年したらまた協力してください!となる・・そうなると上手くいかない可能性だってあるのではないか?

ということでアイドル・大衆演劇に関してはファンサイト系サイトの利用をお勧めしたい。

とりあえず今回はCi-enかな?
https://info.eisys.co.jp/cien

DLsiteが運営するファンサービスサイト。基本的にエロい同人ソフト売るサイトだが、同じく苦境に立っているゲームセンターも登録しているので向いているかも。ほかのファンサイト系は・・・コロナ以前からあったので基本的にはエロい同人作家がエロい絵を描いてお金貰うサイトな感じになっているのでいまいちお勧めしにくい・・・気がする。

まずここに登録するとBLOGに似たページが与えられる。一般向けとアダルトで分かれてるぞ。
ここで無料会員向けや有料の月額会員に向けた記事を書くことができる。月額コースのお金を払った人だけが読める特別なコースだ。

例えば大衆演劇なら~~
だれでも見られる次回公演の紹介などの記事。
月額500円払えば見れる前回公演の音声や舞台の映像など
月額2000円でその月の公演に入場できるデジタルチケット付きとかかな?
公演にこういう時期だからいけないとしても、お金を払うことができる。チケットを直接買うわけじゃない。

また劇団員それぞれの応援コース(例えば500円とか)を設置して収益分を分配することができる。

あと最近クラウドファウンディングのシステムもできた。
なにかグッズを作成して、ここで先行販売する手もあるだろう。というかグッズを作成するためのお金もかかるしね。
次回の公演の為にデラックスな特典付きの高めのデジタルチケット付き権利とかを売るのもいいかも。

■ASMRコンテンツ
アイドルや女性劇団員ならASMRを作って販売していく手もアリだろう。ちょっとマイクを買って収録するだけ。ちゃんと活動実績がある劇団やアイドルならイラストとかで私も協力するぞ。もちろんある程度分け前は欲しいけどな。
もちろんラジオドラマ的な作品を作るのもいい。

まあ正直私はこの辺の魅力がいまいちわからんので割愛するが、販売を繋げられるのは大きいのではないだろうか?
ちなみにzowaというアプリもやっている模様。なにか審査を通れば登録されて、再生数に応じて料金が支払われる感じ?

とにかく・・・ニッチなコンテンツは日本中、世界中の相手を意識して、その地域に少ししかいないファン以外に目を向けるべきじゃないだろうか?
最初のアイドルがAVデビューってのも地域のライブ活動に来る人だけじゃなく、日本中の男を相手にし始めただけとも言える。
でもなんとなく気分はよくないよね・・・やらなくていい事までやるようになったことになるのは確かだし、それで離れるファンも居るだろう。

そう既存のお客さんをないがしろにしろというわけじゃないんだ。お客、ファンが増えればそれぞれが負担する金額も減るってだけだろう。

これらに限らずもっと最適なコンテンツやサービスがあるかもしれない。チャンスだと思ってもっと積極的にいろいろやってほしい。

上手くいかなければやめればいいだけだ。

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です