ARROWS We 購入初日レポ

ドコモ版ARROWS Weを久しぶりに初日購入した~~ということで人柱的に今日弄ってみた印象を。

まず最初の印象として簡潔に言うと~

最強ツイ廃お散歩スマホ!
ATOK標準装備でQWERTY入力の人のツイ廃専用端末!ドコモのSNSランチャーがいいぜ!
aptX-HDにもハイレゾにも対応してて歩きながら音楽も楽しもう。<自転車とかに乗りながら使うなよ?
ゲームはストレージの問題で殆ど入れられないが、FAST APPドライブでピクミンとかお散歩系アプリを高速起動させたりするのに便利だぞ!

~~って感じかな?ボディの手触りとかはなんとなくHTC10を感じた。

ということでARROWS Be3の未使用品も直前に買って並べてみた。ドコモのSNSランチャーだ!
壁紙ドーン!右にはTwitter!左にはピクミン!or音楽プレイヤーって感じ。

さてなぜおれがいきなりこれや、わざわざ古いARROWS Be3などを買ったのかだが、大きな理由は買い切り版ATOKの提供停止だ。
ATOKを使おうと思うと普通はベーシックでも毎月330円払わなきゃい行けなくなる。アホか!

そこで思い出したのが富士通スマホだ。F-01Fの時ぐらいからATOK搭載してたんだよね。
IMEに330円はらうなら搭載スマホを分割で3年ローンで買って毎月600円ぐらい払った方がいいわ!!何よりも安いということはスマホの補償を付けなくてもいい。っていうかARROWSってほんとに壊れんからな。アスファルトに落としたことと便所に落としたことがあるけどマジで壊れん。二年以上経過してから電池の劣化で再起動し始めて死ぬ印象だからなぁ。

ただARROWS Weの情報がなかなか出なかった。ATOKが載ってるかどうかとか。それに国産じゃないっぽい。

もしARROWS WeにATOK乗ってなかったらスルーしようかなと思ってたのだが、まだARROWS Be3の未使用品が安く売っていたのでこっちも買ったわけだ。Weが発売するまで待ちたかったけど無くなりそうだったので・・・w

結論からいえばARROWS WeにもATOKは乗ってたし、OSをandroid11まで上げてみたらちょっと重い感じが出てきたのであまり使うことはないと思うのだがBe3はそれなりに使えると思う。とえりあえず違いもあるので簡単に言うと。

・国産っぽい<FCNTに変わって最初の頃のスマホ。動画で国産アピール
・Weより高解像度の有機EL
・ワンセグアンテナあり
・ストラップホール
・Exlider機能<weでは削除されてる指紋認証ボタンでスクロール等を行える機能
・ATOKの手書き文字入力2文字

逆にWeにあるのが
・apt-X HD対応
・ジェスチャーナビゲーション
・ハイスペック化とFAST APPドライブによりアプリが常駐しやすくなった
・一応Sub6の5G対応とプレミアム4G純正対応

とりあえず他のandroid11の操作とはちょっと違う。

そこでSNSランチャー。
このSNSランチャーハッキリ言えば使えないランチャーだと思う。思ってた。
でもARROWS Weに限って言えばスライドインというランチャーがある。
Be3では場所によって4つもランチャーが設定できるが、さすがにそんなにいらんと気が付いたのが今回は2つ。
そしてスライドでインする場所を移動できるようになった。

あとゲーム中スライドインして進行が止まるのを防止できるようにゲームゾーンというプリインアプリも追加された。

あと指紋認証の指ごとに即起動するアプリが設定できる。これもまあランチャーだな。
ちなみにSNSランチャーのアプリ一覧のアイコンはドラッグ&ドロップで移動できる。
使用頻度は低いもののたまに使うものは上の方に移動させておけばホーム画面に何もなくても困ることはあまりないだろう。今下にアイコンが並んでるが、検索バーに変更することもできるぞ。

~~とにかくこのスマホはガチャゲをやらない人には有意義なものじゃないだろうか?
なんたって2万円なのでスマホの補償に入らなくてもいい。

ガチャは悪い文化!滅ぼすべし!!~ぐらいに思ってるが、そのためにはゲームができないスマホの普及が大切じゃないだろうか?

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です