一般化したTwitterとマニア

VR界隈で有名な人がTwitter止めたそうな。
趣味としてのジャンルが違うのでフォローしてなかったが、ツイートが割と入ってくるぐらい。

今のTwitterはtech系の情報発信してる人には意味ない気はする。とにかくRTされない。失敗写真とか猫画像はRTされるのに。

ブログに長文書いて告知してもちゃんと読んだか?って言われるし、Twitterで気軽に書くと匿名が偉そうにそこは正確には~とかしゃしゃり出てくる。まずテメェの名前を正確に出せ。

普通に内容がイマイチだからRTされないのは良いんだが、フォローしてない人が空リプ批判したり返信しても通知されねぇ。
それって陰口って言うんじゃね?
信者向けにそっちのRT伸びて拡散されると・・ねぇ?
極めつけにムカつくのは人の発言スクショ取って晒してる糞野郎が増えた事かもしれん。一般化したといっていいぐらい増えた印象。
元々は1エントリーで長文ツイートしたいがBLOGやってねぇ!というローテク脳味噌の一般人が文字スクショしはじめたんだと思うんだが、カジュアルに発言をスクショする奴って個人的にはムカつく。それだけで予防的ブロック対象だ。

まあラクガキとかしょうもない絵の発信はしやすくはなったけどさ。

そもそも論として、自分の作品や商品を宣伝したい人以外はTwitterで発言するべきじゃねぇ。だがそういう奴に限って相互でフォロワー増やして承認欲求の塊みたいになる。匿名のくせに。

もちろん自分が好きな作品とかを宣伝するのはいいんだ。元々twitterってそういうカジュアルなファン同士のつながりが大きくなったはず。推しの作品が終わったとかでそういうつながりも途切れやすくなる。
そしていつのまにか鍵垢になって付き合ってた人と別れた~とか、仕事がうまくいかなくて政治ツイートしまくりみたいな状況に・・今は特になりやすいんだよな。

考えてみれば俺の場合”レトロゲーム”と”FPSゲーム”だったけど・・・どいつもこいつもダメな奴って印象だった。

今にして思う。彼らはレトロゲームやFPSが好きなんじゃなく、”レトロゲームやFPSが好きな自分が好きなんだ。”

レトロゲームなら〇円で買ったとか、こんなにコレクションしました!移植されたから買ったぜ!こんなとこまで再現されてる!!
・・・は?何言ってんの?レトロゲームやってねぇじゃん・・・お前好きなんじゃねぇのか?稲作してる場合じゃねえだろ?PS5の抽選応募してんじゃねぇ!みたいな。

FPSゲーマーなら好きなゲームをひたすらやってるとかじゃない。
5人抜きイェ~!みたいに”たまたま強い俺が好き”なんだよ‥奴らは。
Dirtybomb面白いっていうならサービス終了までずっとDirtybmbやれよ。やめておいてまだ人がいるんだ・・へっ。バカじゃねぇの?村民が~~みたいな態度取るからムカつく。
別のゲーム始めてて未練がないとしても、そんな事発言すんじゃねぇよ。だからお前らはカスだしeSportsが発展しないんだよ。

まだまだTwitterで活動してメリットがある”界隈”はあるかもしれん。
でも一般人が一般人として活動している限り、自分の商品を宣伝するなんて機会は永遠に訪れない。また自分の作品を宣伝しないとRTの重要さは分らん。

嫌いボタン(簡単相互ブロック機能)を本当に実装して、一般人の糞ツイートに嫌いを押されまくる状態を作り出し、一般人は”Twitterで発言したくねぇ”という状態にするしかないかもしれんな。

ポケモンカード 二代目美少女デッキ改二メモ

久しぶりに仲間内のボドゲ会に誘われてポケモンカードのデッキを引っ張り出すが、いろいろ禁止カードが増えておる…ポケモンカードは禁止カードがないのがよかったのに。

とりあえず文句言っててもしょうがない。とりあえず二代目美少女デッキメインのデッキをスタンダード対応にしてみる。つまり、Aと描かれているカードを基本的に抜くということか。

【デッキコード】MyXUMM-8ojKgc-SMMpyE

とりあえずこんな感じで。元々あったどうぐの付け替えで混乱させる系システムはAが多いので全カット。かわりに無色VスターターにあったGX・Vの攻撃効かないチルタリスを投入。試しによくわからんまま何パックか買ってみたら入ってたUターンボードと混沌のうねり、リサイクルエネルギーも投入。もちろんツインエネルギーも。

後は対戦相手というか一人プレイ調整用の悪デッキは割とどうしようもないので、一旦放置して新しいVスタートデッキ2つ買って鋼を作成。エルフーンGXに対しては弱点で×2になるので、割と素に近い鋼デッキでちょうどいい感じ?

基本的には敵の山札切れを狙えばどの敵相手にも”一応勝てる可能性がある”という感じ。博士が美少女じゃないので入れられんのが欠点ではあるのだが、自然と山札が減りにくい割に相手の消耗は激しいハズ。

割といい感じじゃね?と思ってたのだが、どうやら来年早々に”B”レギュレーションのカードも禁止になるそうで・・・え~!?

じゃあBも抜かなきゃならんの?まあとりあえず準備していくか。
ただ買うにしても高いのは買いたくない。300円までかな?
もちろん美少女しかサポーターは入れんぞ~ということで。

とりあえずウッウV以外まだ買ってないけど、仮組。

【デッキコード】MyypMM-2E1hWF-pEyMMy

対策カードにウッウVを採用。初手事故事故防止用にカビゴンを入れてみた。
ミミッキュのかわりになるかわいい系ポケモンとしてウッウV,バイウールーV,トゲキッスVあたりが候補になるだろうが、基本ベンチにいる奴らなのでエネルギー3つとかつけて戦うことは想定していない。そうなるとウッウVしかいない。バイウールーVも悪くはないが・・エルフーンGXとキャラ被りしてるのでとりあえず不採用。
というかボスの指令が美少女デッキでは入れられないので、トラッシュ前提でもベンチ殴りたい。

あともう一枚初手事故防止用にカビゴンを採用してみた。相手に合わせてエルフーンGXとチルタリスをベンチでスタンバらせる必要があるのだがタネが弱い。
初手に出たら出して、出なきゃ封印でいい。問題は逃げるのが…厳しい。
考えた結果回収ネットを2枚入れることにした。傷ついたチルタリスの回収もできれば相手のデッキ次第では絶望感を与えられるw
ただ・・・お高い。まあ300円ぐらいだと思うけど、これを買うのは少々抵抗がある。最悪カビゴンにエネルギーつけて逃がすことができるように、基本エネルギ減らしてサイクルエネルギーも増やしてみた。
チルタリス3匹なので1枚はツインエネルギーつけてもいいし。

あとはシロナが使えなくなるので、マリィとアンズも増やす。マリィーが増えちゃったのでリセットスタンプも削っておく。削った分はエリカのおもてなしかな?もう一枚Uターンボードか混沌のうねりでもいいだろうけど、ちょっと高かったはず。というかどうせなら美少女増やしたいw

というところで・・・次回プレイする時までにはちょっとづつ買いそろえていくか。もしくは毎日のクジ感覚で入ってるパック買うとか。
美少女系のキラっとした奴は一枚ぐらい混ぜたいけど、買うってのは抵抗あるしな。

追記:近所のブックオフで足りないカードを買おうと思ったけど微妙に高い。
300円までなら買う可能性はあるのだがちょっとだけ高い。
まあすぐに作らなきゃならんわけじゃないのでとりあえずおいといて、ハズレカードまとめて750円の束を買ってみた。見かけない感じだったしね。

とりあえず結果としてはこんな感じ。

あれ?これでよくね?
アカネはBじゃなければ入れたかったがとりあえずスルー。イツキはエルフーンGXの無敵化に使えそうだったが、さすがにダメってQ&Aに書いてあった。
リーリエのピッピ人形は初手事故防止というか準備には出せないらしい。仮に出してももし30で殴られたら死んじゃて負け確定しちゃうかもしれないしね。でも倒されてもノーリスクなのでベンチに余裕があれば出しときたい。

使うとしたら~

・カスミのおねがい 1
・ふうせん 2
・リーリエのピッピ人形 5
・ポケモン通信 1

とりあえずUターンボードじゃなくてもふうせんでいい気がする。少なくともカビゴン逃がすならこっちの方がいいぐらい。
ポケモン通信も初手に使わないとカビゴンが1枚余る状態。カビゴン引換券として入れてもいいか?

【デッキコード】gnQLnL-WfSDF8-nQiLLP

とりあえずこんな感じで一旦完成とする。マリィは自分の手札も山札に戻るのでちょっと使いにくい。とにかく手元に1枚はエネルギーがないと困るデッキなので2枚に戻しておく。
モノマネむすめはさすがに古いカードだし、リーリエのピッピ人形の方が有用かもという事で入れ替えてみた。
あとはカビゴンを手元にあると永遠に邪魔な気がするんで、トラッシュする手段としてオリーヴを入れてみた。

トイボックスGXを使う場面があった時、使う前にオリーヴ使っておけるなら相手の手札にリセットスタンプやマリィ等の相手の手札を山札にないことを確認できる。まあターン最初のドローで引く可能性はあるんだけど、かなり危険度は低下する・・・ハズ。

アイドルや大衆演劇はネットからお金をもらうべき

名古屋も新型コロナが猛威を振るっているし、先日ちょっと酷い風邪症状があったので今回は応援している大衆演劇もいかないことにする。無症状ってやつかもしれないしね。

だが・・いいかげんいかなかった入場料ぐらい支払えるようにしろよと思う。デジタルに興味がないとか、iPhone以外使わないとかそういうのは、さすがにこの状況ではそろそろ怠慢だぞ。

そういえばアイドルが卒業後、2週間でアダルトビデオデビューとかも話題になっていたな。
CDとかの売り上げだけで活動できるアイドルなどそうそうはいないだろうし、いわゆる地下アイドルと言われる人達は、生活の為にそうするしかないかもしれない。だれでもできる肉体労働~~ってのも間口が閉じてるからね。

それに対してVTuberが億単位の投げ銭を得たとかのニュースも。普通に地下アイドルとかのファンの資金が流入してるんじゃないかと思う。

いや、ここでアイドルや大衆演劇がデジタルのファンにアピールしないでどうすんのよ?ASMR作品作って売るとかいくらでもできるやん?

何十枚も絵を描いて、100円とかでしか売れないラインスタンプの絵を提供しろとか言ってくるの逆にだんだんムカついてんのよ。

ただ本当に彼らは華々しい活動する裏ではバイトに明け暮れて、デジタルの勉強どころではないかもしれない。

ということで、今回は少し紹介してみよう。一応いっておくがうまくいくとは限らんぞ。

■ファンサイト・クラウドファウンディング
最近では危なくなった老舗とかが過去に利用したファンなどに向けてクラウドファウンディングで支援してください!というのが増えてきた。
ただクラウドファウンディングはリターンもある程度必要だし、仮に100万円とかあつまって目標達成!となっても、3か月とか無給状態だと普通に使いきって、半年したらまた協力してください!となる・・そうなると上手くいかない可能性だってあるのではないか?

ということでアイドル・大衆演劇に関してはファンサイト系サイトの利用をお勧めしたい。

とりあえず今回はCi-enかな?
https://info.eisys.co.jp/cien

DLsiteが運営するファンサービスサイト。基本的にエロい同人ソフト売るサイトだが、同じく苦境に立っているゲームセンターも登録しているので向いているかも。ほかのファンサイト系は・・・コロナ以前からあったので基本的にはエロい同人作家がエロい絵を描いてお金貰うサイトな感じになっているのでいまいちお勧めしにくい・・・気がする。

まずここに登録するとBLOGに似たページが与えられる。一般向けとアダルトで分かれてるぞ。
ここで無料会員向けや有料の月額会員に向けた記事を書くことができる。月額コースのお金を払った人だけが読める特別なコースだ。

例えば大衆演劇なら~~
だれでも見られる次回公演の紹介などの記事。
月額500円払えば見れる前回公演の音声や舞台の映像など
月額2000円でその月の公演に入場できるデジタルチケット付きとかかな?
公演にこういう時期だからいけないとしても、お金を払うことができる。チケットを直接買うわけじゃない。

また劇団員それぞれの応援コース(例えば500円とか)を設置して収益分を分配することができる。

あと最近クラウドファウンディングのシステムもできた。
なにかグッズを作成して、ここで先行販売する手もあるだろう。というかグッズを作成するためのお金もかかるしね。
次回の公演の為にデラックスな特典付きの高めのデジタルチケット付き権利とかを売るのもいいかも。

■ASMRコンテンツ
アイドルや女性劇団員ならASMRを作って販売していく手もアリだろう。ちょっとマイクを買って収録するだけ。ちゃんと活動実績がある劇団やアイドルならイラストとかで私も協力するぞ。もちろんある程度分け前は欲しいけどな。
もちろんラジオドラマ的な作品を作るのもいい。

まあ正直私はこの辺の魅力がいまいちわからんので割愛するが、販売を繋げられるのは大きいのではないだろうか?
ちなみにzowaというアプリもやっている模様。なにか審査を通れば登録されて、再生数に応じて料金が支払われる感じ?

とにかく・・・ニッチなコンテンツは日本中、世界中の相手を意識して、その地域に少ししかいないファン以外に目を向けるべきじゃないだろうか?
最初のアイドルがAVデビューってのも地域のライブ活動に来る人だけじゃなく、日本中の男を相手にし始めただけとも言える。
でもなんとなく気分はよくないよね・・・やらなくていい事までやるようになったことになるのは確かだし、それで離れるファンも居るだろう。

そう既存のお客さんをないがしろにしろというわけじゃないんだ。お客、ファンが増えればそれぞれが負担する金額も減るってだけだろう。

これらに限らずもっと最適なコンテンツやサービスがあるかもしれない。チャンスだと思ってもっと積極的にいろいろやってほしい。

上手くいかなければやめればいいだけだ。

レトロゲーマーの著作権認識

今日はゲームレジェンド開催か。
ハッキリ言えばゲームレジェンドは大嫌いだ。特にイベント会場の写真撮影禁止とか、事実上プロの企業出店の多さ。そしてコピー商品の量。商標に関わるゲームロゴは当然アウトとて、”目コピー商品”のゲームのドット絵をそのままアクキーなどのグッズにしたものはドッターとして許せん。元がイラストや3Dモデルとかならもちろんいいんだけどね。

絵が描けないから同人誌は作れないからこういうの作るんだ!悪いか!お前の描いたドットじゃないだろ!
~~コピー商品に悪いといって何が悪い!シネ!!・・・みたいな。

二次創作というか同人誌即売会が出版社になぜ許されているかというと、クリエイターのメリットになるから・・つまり絵が上手い人が増えると次世代の漫画作家の土壌になるからだが、レトロゲームイベントにそんなもんこれっぽっちもない。金儲けの為にやってるといわれても仕方がない。
ゲームレジェンドにオジサンがサークル参加したら20代のコスプレ美少女に告白されて結婚しました!みたいな可能性ないやろ。あったら是非直接言ってきてください。(´・ω・`)

というかそもそも論として・・・レトロゲーマーの著作権認識っておかしくね?

いや、自分も2000年代になってネットに情報が増えるまで知らなかったが・・

著作権は創作した段階で自動的に発生する。そして個人の著作権を簡単には会社のものにできない
ぶっちゃけ結構騙されたたよね~。サービス残業とか、スタッフロールの匿名強制も含めて。

なにかレトロゲーマーはゲームの著作権は会社のものだと勘違いしている節がある。そしてその会社が今作らなかったり潰れてるなら、俺たちがニセモノ作ってもいいじゃね?とか、権利を譲渡された移植作品を盲目的に買い支えようとしたり。

もちろん”ゲーム”としては移植しようが続編作ろうが、許諾を得られたり権利自体を譲渡されれば別に問題ないし、一人で作ってるわけじゃないのでそうそう主張することはないから大枠として間違いじゃないんだけど、ゲーム開発者に対して敬意が足りない・・というか無駄に偉そうじゃね?
元々ゲームファンというのは同人誌即売会とかのイベントに参加したことがない層が多いと思う。そういう即売会未経験オッサンが書店に並んでいる書籍や、おもちゃ売り場にあるグッズに比べて高額なコピー商品などを”買ってやる”という態度で”参加する”ケースが多いんじゃなかろうか?
そもそも嫌なことがあったらゲーム開発離れてるんだぜ?スタッフ名の非公表とかサービス残業強制とかさ。
プレイヤーにムカつく事例増やしてどうすんのよ?

そして今回新型コロナが大問題になる中、縮小しつつ開催。入れ替え制で450人までで、かつ連絡先の記入も必要。
当たり前の対応だけど・・・これを普通にできない?
完全入れ替え制はまあコロナ収まったらもっと緩和してもいいと思うけど。

いや、違法なものはどんどん取り除こうよ?やばいものは赤紙貼って出店禁止するとかさ。
金儲けの為に絵も描けない、ゲームやハードも作れない人間にサークル参加させるべきじゃない。
参加者絞ってるから”同人グッズ作って売ってもたいして売れないよ”を目で見てわからせるべきじゃないだろうか?
パンフ代金として一般参加費徴収するなら、オンラインでのチケット購入システム導入する手もあるやろ。Peatixとか。connpass・・は違う気もするけど、もっと技術者交流会的に舵を切ってもいいだろう。
というかアホみたいに参加者増やし過ぎだ。
整理券システムのツイートもあるので当日初めて知った人も多いのかな?
当然やらなきゃならないとは思うが、それだと入場まで暇をつぶさなきゃならなくもなるようだし。

個人的には参加者が少ない、少数しか参加できないイベントとして舵を切るきっかけになってくれればと思う。コロナが無くなったから元の規模に戻します!というのはぜひやめてほしいとだけ言ってみる。
まあちょっと前まで土日休みがなかったし、参加したことないんだけどね。これぐらいのまったりイベントがデフォルトになるなら参加したいとは思う。なんか作ってたら。
写真も盗撮じゃない程度のイベント会場全景の写真撮影解禁して、参加者にも映り込み黙認できる人だけに参加してもらうとかさ。悪意を持って撮影する人なんて訴訟で対抗できるだろうし、イベントは少人数でも盛り上がってなんぼだろ。
名古屋の同人誌即売会とか絶対同人誌買わないコスプレイヤーと出会い目的のエロカメコに侵食されてボロボロになっちまったもんな。そうならないことを祈る。

赤字にならない程度に参加者を絞っていってほしいと思う。そうすれば地方にもゲームイベントが増えるかもしれない。

というかニッチ過ぎるわりにゲームレジェンドが参加者と企業出展を増やし過ぎなんだよな。(´・ω・`)

ドコモ解約宣言

さて。遅ればせながら先日のドコモ発表会ネタ。

まあ結論から言うと値下げ発表がなかったのと、しょうもない新機種発表があっただけなので無意味・・・というところだろうけど、個人的には怒らせる内容があった。docomoのeSportsリーグ開催。

あ・か・ん・や・ろ

まあauをゲーム内暴力団への利益供与があった際に、違約金払ってさっぱり辞めたので俺的にはもうドコモ解約は確定だ。

あれだよね。2画面変態スマホの後継をLGに作らせたりして、大韓民国様への利益供与がどんどん拡大した。サムスン様の機種も、低価格機種は本来は仕入れ値の倍額ぐらいの定価がつくところを、仕入れ値+1万円ぐらいで売り始めましたとかね~。
そういう大韓民国様への利益供与の一環として”匿名のMOD制作者を大韓民国で製品化した100人のうち一番卑怯者決定戦ゲーム”を日本国内で宣伝するために~~

シーズン賞金総額:3億円
賞金とは別に、プロ選手全員に対して年間350万円以上を保証

これらの大韓民国様と国内の匿名ゲーム内暴力団の皆様に1年かけて利益供与しちゃうぞ~という話。

許せんわ!

ということで解約します。
せめて国内のゲーム業界に利益供与ぐらいならまだ許せたんだけどねぇ。
例えば昔スト4のスマホ版とか独占販売状態だったけど、新たなeSports対応のスマホ版ストVリリースして、操作性がボタン操作のヒットボックス系対応してたりとかしてたらまだ独自性があったとは思うんだが、ここまで大韓民国様万歳やられちゃうと、愛知の大村知事のようにリコール的なノーを突き付けるしかない。

とりあえずすぐ解約してもあんまり値段は変わらんかな?

一応オカンのスマホが来年2月が二年目のハズ。自分のS9の分割金の実質0円も今月入れてあと一か月。来年1月にオカンのスマホを楽天かUQあたりにMNPして、そのあと自分も解約ってとこが一番効率はいいはずだが、毎月1万払ってるのですぐにオカンの回線MNPしてもそんなには差はないかな?

ちょっと計算するか~

アーケードゲームの歴史

セガエンタテインメントの買収報道でいろんな人の反応が見れたわけだけど・・・やはりアーケードゲームというものが分かってない人が増えてきたなぁという印象。

いやまあ時代が変わったわけだし、昔のことなので別に知らなくてもいいとも思うのだが、ゲーム開発を目指す人ならアーケードゲームの歴史ぐらい知識として押さえておいてもいいだろう。
~ということで今回はざっくりと説明してみようと思う。
なおここで書かれていることは私の記憶の知識や印象の範囲での事柄なので、間違っている可能性があることをご了承いただきたい。昔のコインジャーナルとかの紙媒体の資料が揃ってる方に正確な解説はお願いしたいところです。そういうのがなかなかそろってないんだよね。買ってたゲーセンとか潰れちゃったりして。

まず黎明期。
元々は海外のジュークボックスやゲーム機、場合によってはピンボールを日本国内に輸入して販売し始めたのが最初。徐々に日本オリジナルのゲーム機を作り始めていた。
とはいえあんなアップライトのでかい筐体を置けるおしゃれなお店などは日本にはそうそうないし、当然のように売れる筈はない。
そこで出てきたのが”テーブル筐体”だ。

これならナウなヤングにバカウケな喫茶店などにも置ける。
そうして出てブームになったのがスペースインベーダー。ブームというからにはもうざっくざくでウハウハにお金儲けするわけだ。
だが・・・”喫茶店に置かせてもらう”という商売はなかなかに難しい。というか喫茶店としては350円とかのコーヒー売ってる間に1000円とかのコインを投入していく客とか・・・どうよって感じ?その金よこせよというか、タイトーとしてもたくさん並べて丸儲けしたい。

そこで出てきたのがインベーダーハウス。つまり今でいうゲームセンターだ。
ゲームが集まってゲームセンター。
だがこのブームはあっさり過ぎ去ってしまう。まあヤンキー(昭和の遺物)などが屯したりと社会問題化した。元々ゲームセンターが割とヤのつく自営業の方々が絡んでたり、まあ屯するヤンキーをスカウトしたりとかなんとかみたいななんかアレなことが増えてきてしまってた訳で~。

そんな感じでインベーダーハウスの需要はなくなってしまったわけだが、狙えインベーダー的な一獲千金を目指してアーケードゲーム開発自体は増えていく。
実際にゲーム基板は高く売れたわけだし、パチンコの役物などを作る金型製造することを考えたら、それほど金はかからない。店の展開も容易で、パチンコ屋併設のゲーセンも多かったよね。

つまりアーケードゲームを売りたい!

そこで出てくるのが直営店とボーリング場という概念だ。ボーリングブームというのはもう少し前だが、ブームが去った後の広いスペースにはアーケードゲームの需要があった。
この辺りは長らくクローズアップされることはなかったが、フランチャイルズビジネスが出たころに、ラウンドワンが台頭してきたことでどこのメーカーのゲームも仕入れやすいロケーションとして一部では直営店より有利な立場になるのだが、それはもう少し後の話。
ちなみにこのころのボーリング場向けのアップライトのアーケードゲームが中古で流れることでデパートの屋上などのゲームコーナーに繋がっていったりした。

そして直営店。メーカーの直営店を名乗ることで、とりあえずヤのつく自営業の皆様の直営店ではないということも言えたわけだ。まあインベーダーのぼろもうけを覚えている皆さんとしてはヒットゲームを作って儲けをできるだけ独り占めしたい!というのもあったとは思う。(´・ω・`)

つまりだ。本来アーケードゲームメーカーというのはヒットゲームを作り、それをまずは自社の直営店でリリースし、できるだけ金儲けしたいよう!~~という願望で出来たものだった。
キャッチザマネー☆た~いとぅ!

またブームが去った原因の一つとして風俗営業法の適用業種になったのだが、それにあたって警察の方にお伺いを立てる必要が出てきた。そして表向き、風俗営業法からの撤廃やら健全化を名目にAOUとJAMMAという業界団体が出てきてバチバチ争い始めた。
まあ大体タイトー、セガ、ナムコは直営店が多かったので、前述のように自社を優先するけど業界団体仲間にもゲームを売ってやらんでもないぞよ~とやり始めた。アイレムとかその他のメーカーも直営店はなくはなかったが、その辺は直営店をあまり増やさずに、どこにでも売れるメーカーの道をコナミやカプコンは選んだわけだ。
だが直営店にしかとりあえず出さないヒットゲームで丸儲け戦法が使えない分、初期ロットは筐体とかと抱き合わせでなきゃ売らんとかクソ高いけどネットワーク導入しろ!導入しなきゃ売れん!とかの商法を思いついたりするわけで・・・まったくどいつもこいつもヤクザよりアコギな商売するでぇ・・。

R-TYPEやファイナルファイトのアーケードそっくりのコンシューマー移植ゲーム時代の到来。
次にストリートファイターIIのヒットからの格闘ゲームブームということで再びアーケードゲームが注目を浴びるのだが、このころには1プレイ100円じゃあまともな商売にならなくなってきた。
つまり5分でプレイヤーを殺せ!殺せなきゃ殺し合いさせろ!という時代だ。
そして移植も技術があれば結構近いものができる。というかだんだんアーケードゲームがしょぼくなってきたというかw

そんな不景気なアーケードゲームにSNKがネオジオで”ゲーム機のリース”という形態を思いつく。
ご存じのように大きな成功には至らなかったが、”アーケードそのまま”というコンシューマーゲームの移植という点では”理論上”素晴らしかった。
まあ縦シューを横画面で作らせるのヤメレ!とは思ったけどな。

そうこうしているうちにアーケードゲームは採算が取れないゲームに徐々になっていった。
大ヒットしても売れないというか、どうせコンシューマーで移植するんだからとそもそも”コンシューマー移植前提”で作り始めたというか。システム基板というものがそういう形態になっていった。最後には筐体のなかにプレステやDOS/Vパソコンが鎮座したりしはじめた。
そりゃゲーセンで金入れんわ・・・。

最終的にシステム基板の価格や初期ロット購入のためのセット売りなどでゲーム機の価格はどんどん高騰。1台100万も珍しくなくなったときには当然のように採算は取れない。まあそれは今の派手な役物のパチンコも同じだけどさ。

そうしてゲームセンターからはゲーム機が無くなり、当たってもコインになるだけのパチンコ、中国産景品が入ったキャッチャー系の自称自販機、そして自称シール自販機のプリクラ系のゲーム機だけになっていく・・・どこがゲーム機?

あとはネタ狙いのパーティ系な感じの大型筐体ゲームやレースゲームばかりになっていくわけだが、そこでレンタルが再登場だ。

SNKがネオジオで失敗したが、今度は違うぞ。自称カード自販機のレンタルゲーム機だ。そうムシキングだ。

キッズマスビデオというジャンルが増えてくる。ゲーム筐体のレンタルといってもタダ同然だ。じゃあどこで儲けるかというとこのジャンルのキモは紙のカードやICチップ入りの何かゴミ同然のものが100円に化けるというところ。
じゃんけんするだけのカード印刷で丸儲け。100円札刷ってるようなもんだ。カードがなければだれもやらないので、売り上げののごまかしようもない。
そうしてデパートのゲームコーナーはもちろん、おもちゃ売り場にさえ、キッズマスビデオの筐体が置かれた。

黎明期の置かせてもらうビジネスをしつつゲームメーカー自身がカード等の販売で直接金儲けできるのでもう直営店を持つ必要がないのだ。
あれ?直営店いらなくね?

そのうちにネットワークの従量制で100円投入されたら50円以上絶対払え!という感じで直接徴収できるようになった。

つまりゲーム作った人間・・いや”会社が丸儲け”・・・ということをできるようになったわけだ。

ナムコボン!

タイトーボン!

セガボン!

はい、アーケードゲームは滅びました。
~というのがアーケードゲームの歴史・・・というわけだ。

うるせえパラサイト

アメリカ大統領選の開票速報見てたらこんなニュースが。

えっと・・セガサミーHDから、寄生虫のセガを切り離すって感じ?
うるせえパラサイトって感じでw

そういやこないだTwitterで店員が絶対出るなら試してみろと店員がずっとやってまったくでないクレーンゲームで警察が出てきたというのがあったな。

結果的には”セガのゲーセンは詐欺店舗”と情報が出回ってどうにもならなくなったというのも多少はあるのかも。

そして買収先はアミューズメント施設運営・・つまりゲーセン運営の会社。

元のセガグループのうち、セガエンタテインメントとセガはどうも違うらしい。
そしてセガエンタテインメントがゲーセン運営、セガの”コンシューマーゲーム”はセガゲームスと子会社3社(アトラス、f4samurai、プレイハート)の4社の扱いでまだ別に存在する。
いや・・・最近のセガ碌なゲーム出してないし、こちゃごちゃと分社化、統合を繰り返すもんだから”セガ・エンタープライゼス”が丸ごと売却されたと思ったよ。

形としてはタイトーを買収したスクエニみたいな感じで、現存するゲーセンを全部いただきますって感じかな?
申って苗字からすると韓国系みたいだが、表紙を飾れるビジュアルと経歴もすごそう。ソニックとかいう青いハリネズミよりよっぽどプラスイメージに貢献しそうな社長ではある。
少なくともプリクラやキャチャーだらけの今のゲーセンのイメージにはあっていそう。

逆に言えば・・・もうセガがゲーム作る意味なくね?少なくともゲーセンに対しては。

Twitter止めたのもストライダー飛竜のピラニアに噛みつかれた感じで嫌だったのもあるんだが、発端は”パブリッシャーは寄生虫”発言だったと思う。

今でもパブリッシャーは寄生虫という印象は変わってないが、もう少し考えてみてほしい・・・パブリッシャーの使命とはなんだ?

そろそろ締め切りの講談社ゲームクリエイターズラボの記事。

面白い記事だがこの中にこんな部分がある。

森田氏:
以前、社長が「出版社は英訳するとパブリッシャー(publisher)で、パブリック、つまり公にすることが役目だ」と言っていたんです。その対象は紙でもデータでも何でもよい。小説でも漫画でもゲームでもなんでも、「公にしていく」のが我々の役目なんじゃないかということです。

『カイジ』を担当したベテラン編集者が語る、編集の極意。ゲームの話を聞きに行ったら、講談社111年の歴史に触れることになった

公にするのが目的じゃないの?

だがゲームのパブリッシャーというのはそうではない。小さなゲーム会社などが持ってくる企画書に対して金を出すか出さないかの判断しかしない。
もちろん金を出したゲームは基本的に全部クリエイターから奪われる。どんなに苦労しても会社員としての最低限の給料のみ。
その人に才能があるかどうかとかまったく関係ないんだぜ?

なんでクリエイターから利益を奪うことを目的に会社運営してるの?クリエイターに対して一切投資とかしてないだろ?それどころかオリジナルを全否定して、安いからってあっちこっちの版権持ってきたり、売れる判断が自分にできないから、そこそこ売れそうな続編にしか金出さねぇだろ?オマエラ・・・。

ダライアス商法とか〇〇ミニ商法とか・・・ムカつく。
それはその商売がムカつくんじゃないんだよ。例えばエロゲーのショップ別特典がいろいろ売ってるのは別にいい。定価でゲームを買う人を増やすためにも肯定的に思ってるぐらい。

だがそれはオリジナル作品に限るってことだ。

合法海賊版に合法ニセイラストグッズをつけて売ってるような商売はムカつくに決まってる。
どうせクリエイターをブラック企業上等!嫌ならやめろ、ゲームクリエイター志望のかわりならいくらでもいると言い放って強制サービス残業させた挙句、潰れてその労働を強制したようなカスな社長とかに金が入ってるんだぞ?許せんだろ?
作ったクリエイターに還元されないのは”海賊版”と同じだよ。

その点、アーケードゲームは”公にする”という意味が確かにあった。ゲーセン行って100円出せばだれでも楽しめるんだ。
そして、セガや、ナムコ、タイトーは直営店が多くの存在した。以前脱衣麻雀の本などで語ったが、そもそもゲームセンターは”ゲーム機を置かせてもらう”という発想から、インベーダーのヒットから”入れた100円玉全部ひとり占めしたい”・・・そういう発想で直営店が大量にできて、そしてその”直営店の為にゲームが作られた”・・そういう歴史がある。

逆に言えば直営店がなくなればゲームを直営店の為に作る必要が一切なくなるんだ。これはセガに限らず、ナムコやタイトーも同じだ。

ともかくセガの歴史は60周年記念で潰えるのではないかと思う。糞みたいな海賊版商法もたいして続かないだろう。もっさりリニューアル移植も話題になってるとこだしね。
自社のオリジナルコンテンツをパブリッシュしないセガがもうただの寄生虫でしかないだろう。

まあこれでようやくセガも実質潰れたと思う。ナムコとタイトーもだ。
なんてことを言ってると、ピラニアがまたくっつきそうだけどねw

デスクのこたつ化

寒くなってきた・・・ということでデスクのこたつ化を実行。
昨年は2Fのデスクでやってみたのだが、今年はテレワーク時代ということで、季節で仕事用のPCを移動させずに1Fを仕事部屋にする計画。

昨年親にあまりあたたかくならないともらったヒーターユニットを使用。

どうも暖かくならない原因はふさがれてないせいという結論に達した。
普通のこたつのようにデスクの上にこたつ布団をかぶせ、椅子の足元から空気が抜けないような構造にしてやればいいという結論。

まず確かニトリで買ってきた天板に別売りの足をつけるタイプのデスクの下に、これまた小さい折り畳みのデスクを置く。
すると指が入る程度の隙間ができたので、そこに布団を~。
普通の布団を置いてみたのだが、めっちゃ圧縮される感じでぎりぎりねじ込む感じになるのであきらめてこたつ布団を廃墟イオンで購入。
一番安い奴ということで3000円ぐらいのを。まあ今回は分厚いと隙間に入れにくいからね。

そして足元を抜けないようにするには・・・とりあえず6分割できるソファーベッドを引っ張り出し、その上に古い座椅子を置いてみた。
キューブ状の椅子なら何でもいいとは思うのだが、今回は高さが問題。

そこでとりあえず古い座椅子を引っ張り出してのせて高さ調節してみる。
そしてぼろいのでこれまた廃墟イオンで買ってきた座椅子カバー(500円)をかぶせる。

ぶっちゃけ座ると下のソファーベッドに座椅子がめっちゃめり込むのだが・・・まあ要らなくてもらったものなので壊れてもいいぐらいの感覚だし、座椅子カバーのおかげで一体感が出てちょうどいい。

座椅子を外してもういっこキューブベッドのパーツを置くことでいつでも寝られるぞ・・・まあ寝ちゃいかんのだけどさw

あとはボッチテントを閉めると、暖房の必要がないぐらい暖かくなる・・・が、ぶっちゃけ頭までポカポカすると、眠くなったりと集中力が落ちる。PCの暖房能力もプラスされるしね。

スエットとかを着込んで上部などを少し開けておくなどで調整する必要があるかも~。

楽天モバイルの「ZERO宣言」

楽天の発表会。
MNPや事務手数料の無料化と、AIによる写真と運転免許証の顔写真の即時契約とeSIM発行で即時利用可能というもの。

別に発表するほどでもないんじゃね?と思わなくもないが、MNPや事務契約手数料無料化、それにシムのみ契約のキャンペーンで8000ポイント還元も地味に大きい。

MNPよくしてた人はわかると思うけど、事務契約手数料とMNP手数料の入る時と出るときを合わせると1万円近い。つまり高い解約手数料と同額。

昔やっていた、違約金相当分キャッシュバック!みたいなやつを、自社の手数料をとりあえず無料にすることで2/3キャッシュバック~~ぐらいで実現した。
シムのみ契約などの8000ポイントも考えれば全額キャッシュバック以上といえるだろう。

理論上契約すれば8000ポイント貰えて、すぐに解約してもリスクなし。
まあポイント付与とかある程度常識の範囲で制限はあるだろうけど、それぐらいやっても今までキャリアが契約させるために払っていた料金に比べれば大したことないという判断かもしれない。

ハッキリ言えばめちゃくちゃではあるんだが、問題はこれを見て楽天に乗り換えようと思うか・・・。

はっりいえば
・深夜などのネットのピークタイムは回線速度が遅い
・無料電話がアプリを通じたプレフィックス番号を付加するタイプなので、既存キャリアのものとは少し違う
・名古屋市内では問題ないけど、田舎など旅行などに行くと圏外になりやすい

この辺がまだまだネックになりそう。

というか・・・今までMNPしたことある人じゃないとメリットを感じにくいってのは問題ではあるが、俺の中ではこれでいいじゃん?という感じはしている。

問題はオカンの端末だな~w

Twitter辞める止める詐欺ファイナル

結構なツイ廃だと思うオジサンだが、どうやらようやくTwitter止められそう。

Twitter止めるってのはアカウント削除すればいいというものではない。ログイン連携にすでに結構使っているので、削除してログインできなくなってもいいという状態になるまでアカウントはあるけど使わないorあまり使わない状態にならなければいけない・・・。

ということで定期ツイート削除とかも含めて距離を取ろうとは思ってたのだが、先日のエントリーのように”ツイートしたけりゃ絵を描け”もしくは”ブログで少し長文で書け”というのが俺にはよさそう。

まあそれとは別に・・・なんか最近Twitter気持ち悪くなってない?

オジサン元ゲーム業界の人なので、思い出話とかするし、若いころのしょぼいドット絵とかのゲームを元に本を出したり、金儲けしたりするとムカつくんよ。
それ以外にも結構酷評もする。

今まではそれでよかった気がするんだが・・・なんか変わってきた気がする。

匿名でネット上で良い評判をばらまき、逆に酷評する奴に噛みつき続けてそいつらの言葉を封じようとする。実際にはそこまで考えてないとは思うんだが、Twitterに広告が増えてきた~ってのも多くなってきて、積極的に発言する奴は金儲けのために使ってるという印象が増えてきたように思う。

いや・・・悪評や、自分にとって嫌なヤツはブロックしてもいいんやで?
例えば今の会社の実態が存在しないのに続編で金儲けしまくってるタイトー批判とか俺はしまくってるけど、タイトー関係者は見たくなきゃブロックしてくれればいい。元同僚でもぜんぜんいいぞ。ちょっとは傷つくけど、タイトーに関わってるゲーム業界関係者にムカつかれるのはしょうがないと思ってる。こっちもタイトーにムカついてるんだからお互いさまやで。

だが”ブロックしちゃダメ”と考える人が多いから、意見をかえさせようとリプしたり、リツイートした後で持論を展開するという名目で”他人を批判することになる”
100人前後しかフォロワー居ない人間の批判を万単位とか”信者”が居る連中が遠回しに訴訟されない程度に言葉を選んで布教始めるんやで。
「この方はかわいそうだ・・・レトロゲーム教に入会すれば救われるのに・・」みたいな。

…マジで気持ち悪い。

~~とまあ・・そんなのが定期的にあるのがめんどくさくなってきたのでようやく辞められるようになったというか。

そもそも俺はツイートで”ちょっと楽しませたい”だけなんだ。俺にしかできないジョーク感覚というか。
昔のゲーム業界話したり、ムカつくやつの批判だって”完全な事実”ならゲーム業界のブラック批判として・・・ゲーム業界に社員としてはまったく戻る気が無くなった今だからこそ言える。
とはいえ、理不尽な特に理由もなく発売中止になったゲームに関わった人の心はわかりすぎて、そういう事例と思われるのを見ると他人事でも結構許せなかったりして怒ったりもするのが・・・まあ結果的によくないのかも。

だがまあ・・・どうせ”ちょっと楽しませる目的”で同じ5分使うなら、そんな奴らに関わるリスクを冒すより、ラクガキをアップした方がいい~~ってのに気が付いたってとこかな?インスタグラムに写真投稿する感覚というか。

今度こそやめられるかも。