課金戦士の記録

ということで課金日記もつけていく。
いや基本無料ゲームって面白いと思うならプレイ続けて課金もするべきだと思うんだよ。むしろ課金するまでもないけどまあ楽しめるのでやってる~みたいなゲームは課金不可能な場合を除き、そんなゲーム時間の無駄だから即刻辞めるべきだと思うぐらい。

ただ無制限に課金するのは不健全だと思うんだよね。
とりあえず一年に使う金額はパッケージ代金ぐらいを目安に課金は抑えるべきだと思う。
具体的には6000円前後。プレミアムな待遇を得られるなら1万円までOKだけど、よっぽど遊んでるゲーム以外はないな~という感じ。
でも毎回1000円とか課金してると思った以上に課金してるということも多いので、課金額をつけていく感じ。ま、自分用メモだね。

とりあえずカウントは今日からでいいか。

・パズドラ(3年目)
840円
12個840円

3年目のカウント。森羅万象コラボが来てたので12個チャージして3回ガチャまわした。全部かぶったのですぐに売った。
インフレが激しいのでまったり育成プレイ中。降臨やコラボダンジョンとかは一度挑戦して失敗したらもうやらないで他の素材集めとかが中心。
もう課金してまでガチャ回すことはないかな?

・Dirtybomb(1年目)
4172円
スターターパック 2980円
ネーダーアンロック $9.99 1192円

なんかウォレットの端数分安いっぽいけどいいか。
コミュニティBAN喰らって気分悪いので、DiertyBombはもう課金しないような気がする。

・Blacklight(3年目)

ZENチャージ $20 2590円

正確には3年目じゃないだろうけどアップデート後のカウントというか、新会社設立存続のご祝儀課金というか。
今はSteam決済できなかったのでペイパル決済で$10ずつ$20課金。

買ったもの
・リリス旧ガチャスキン
・アルテミスノーマルスキン
・オリーブ武器カモ
・マットレッド武器カモ
・シールドMk2永久アンロック

~~といったところ。
Birtybombとかこのままだと課金しなくなるので、もうちょっと課金するようなゲームが出てくるといいね。

ガンマンハードスーツとりあえずまとめ

アンロックレベルも高いようですし、まだ使ってないプレイヤーも多そうですが、とりあえずわかった事をまとめてみる。

・武装は対人用キャノンとスモークディスチャージャー
左クリックでキャノンを撃ちます。派手な見た目の割にダメージは低く、歩兵相手に2発必要なのでダメージは100ぐらいだと思われる。
右クリックでデジグレネードを3発転がします。逃げる時や敵スポーンへのアタックの際に使って混乱させるのに使える印象。
なお見た目や表示が逆になってます。PS4の名残かな?

・ブーストでダッシュ
ブーストゲージを消費して走ります。
この際歩兵を轢き殺すことはできません。
結構速いので一定の距離があって警戒して居ればランチャーを回避することが出来ると思います。
ある程度の高さから降りる際に、スピードを落とさずに移動することが出来ます。
とにかく足が速いので虎の子の手裏剣やショックグレネードが当たらないことが多い。待ち伏せに使うならスタンマインが効果的かも。(ただしスタンマインは発動した時自分も近くに居るとスタン状態になってしまいます。)

・HPは9001
ということでアーマースティンガーの基本ダメージが7500。
一発喰らったところでハードスーツバトルモードを展開しても2発目が耐えられません。
ということでこちらのハードスーツをメインに使うなら戦術ギアはハードスーツバトルモードよりハードスーツPINGがおすすめ。
デポの位置を覚えたうえで、そのポイントに敵兵の反応も多くあるようなら近寄らないようにしておけばランチャー類を喰らうことは少なくなります。
また高速移動が出来ますので火炎放射器の攻撃からも逃げ切ったうえで、降りて反撃なんてこともできます。

・弱点は背面コンテナ?
ダメージが10倍となる弱点は背面のコンテナ的な筒の部分固定です。
ちなみに通常のハードスーツ(以下ライノ)も背面の背骨のようなパーツ固定になったようです。
HPが最大でも9001ですので背面から撃たれると地味に痛い。
ガンマン乗りとしてはたくさん殺してシールドを張り替えるようにハードスーツを呼びなおせばいいぐらいに考えてるので、背面からの攻撃は振り切るケースが多いと思いますが、こちらを無視して走っていくようなら何発か攻撃するといいかもしれません。
仮にダメージ60を3発あてただけでも10倍のダメージなので1800のダメージになってます。対物ライフルなら即死するかもしれません。

・電撃弾や火炎弾のワーニング音が入る
意外に嫌なのが電撃弾や火炎弾を受けるとワーニング音が出るようになったのですが、これが火炎放射などのパイロットへのダイレクトダメージと同じワーニング音になってしまいました。火炎放射の場合、ボボボという音も合わせて聞こえているか?という面でまだ判別はできますが、意外にこれのせいで反応が遅れることになります。

・ライノに対しては逃げるしかない
キャノンのダメージが意外に少なく、ライノと撃ち合っては勝てません。
ただお互いに弱点が背面固定になり、正面から絶対に撃てないわけではありませんがまず当たりません。
これを利用して、火炎放射器を買ったうえで搭乗し、護衛の歩兵がいないことを確認したうえで正面から適当に撃ちまくりつつ接近しすることで敵にも攻撃をさせ、リロードタイミング、もしくは耐えられないタイミングを見計らって降りて火炎放射で中の人を焼いて自分はライノをちゃっかりいただく~~ということも可能です。
足の速さを生かしてライノに自分を追わせる工夫も必要かも。

・スタックしやすい
背景に引っかかって降りると自分も死んでしまうアレな状況になりやすいようです。
どうしても走り回るなどをしているので、ライノなどに比べて段差などに引っかかってしまいやすいようです。
とはいえ、そのせいで慎重に歩いていてはガンマンの意味がないですので、スタックしやすい場所を覚えていきましょう。

~~~とりあえずこんなところでしょうか?
また気が付いたポイントが見つかれば書きますが、現状タレットの性能があまりに下がってしまったので、高性能タレットとしてマップによっては使わなければいけないような状態です。

元々ハードスーツはスポーンで芋ってる連中を虐殺するのに有効ではあったのですが、スポーンにデポがあるのでランチャーを撃たれて近寄れないという状況がマップによってはあったのも事実。Piledriverの壊れた飛行機の近くとか。
今回はそういう芋に対して思う存分攻撃力を発揮できるハードスーツになってると思います。ランチャーを躱せる様になったら一人前。

ただそのレベルのプレイヤーがガンマンに乗ると、結構装備のそろった装甲猟兵が早めに潰さないとダメという面もあったりして。
基本的にこのゲームの高レベルプレイヤーは課金でロードアウトスロットも増やさずにキル稼ぎするだけの”ぼくのつくったさいきょうぶき”自慢のアホばっかりというのが実態。チャットでnoobSute!って叫んで死ぬだけで対策出来ないんだよね。

・・・そういやチャット全オフ機能がなくなったかな?
以前のバージョンはチャット機能を全部オフにできたので、アホがなにチャットで叫んでてもしらん存ぜぬでしたけど。ロビーでさえ閉じるボタンを押せばオフにできたけどね。
チャット表示完全非表示機能復活させてほしいね。まあ今でも無視して暴れてるけど。

Blacklight:Retributionがアップデートして終了

ながらくアップデートするする詐欺をしていたBlacklight:Retributionがついにアップデート!!!

だが・・・なんか既存のプレイヤーとしてはあまりうれしくないようなアップデートのような。
まだまだサーバーの稼働状況が安定してなくて、あまり試してないのですが、とりあえず気になった変更点を書いてみたいと思います。

■Siege勢とメトロオブジェ勢終了のお知らせ
シージが削除。シージ戦専門の俺みたいな人間は終了というアップデートの前のリリースからワクワクしない展開が。
まあこのところはSiegeもクソ芋専用のアビューズ部屋みたいなプレミアム部屋が平然と並んでまともにプレイできなかったからね。
とりあえずプレミアム部屋作成権も販売がなくなったので、そのうち復活したらきっとマシになるということで今後に期待しておこう。

しかし意外にもメトロオブジェ勢も死亡というオチが。
まずメトロオブジェというのはメトロマップ固定の部屋でひたすらプレイするタイプ。S&DとTDMやKCなどはオブジェクトタイプとは言えないのでこのルールが回ってきた時にだけプレイヤーがごっそり減るが、基本的にこのマップのオブジェクトはポイントの防御、攻撃の方法に精通したプレイヤーが2人ぐらいいれば結構確実に勝てる。
それはSiegeも同様だがKOTHなど一部オブジェクティブなゲームルールがメトロで適用されなくなったのが原因。というかモード固定のマップ回し部屋はあるけどマップ固定のモード回し部屋はなくなってしまった模様。それと同時にモードによってプレイできるマップが結構限られてるんだよね。

とりあえず今のところはKOTHやDOMなどは高レベルのプレイヤーが軒並み減って、TDM化してイラつく印象。特にKOTHは広いマップオンリーという感じなので、動きの鈍い初心者はことごとく使い物にならないレベル。

ということでTDMもマップ回しが基本になったのでHeloDeckTDM固定勢というのもなくなった。

■PS4版の逆移植
で、新要素やアップデートについてなのだが・・・これアップデートといえるの?
要するにPS4版のBL:Rを再度PCに移植した感じ。
アップデートされた新規要素は確かにあるのだが、それっていままでPS4だけに追加してPC版に入れてこなかっただけの要素ジャン?
北米でのリリースがいつだったかはよくわからないが、ローンチタイトルだった印象なのでそろそろ2年前のゲーム。

基本的にPS4版やAsia版は永久版の装備が欲しけりゃ課金しろ、でも一日分のレンタルならゲーム内通貨でもそれなりに維持できるから毎日遊んでね!というゲーム。

とりあえず既存のPC版のプレイヤーに対してはプレミアムアカウントみたいな権利を渡して、これを持っていれば今までどうりレベル制アンロック+ゲーム内通貨で永久版購入出来るよというスタイルに変更したようだ。

まあSiegeとかゲーム終了時ほぼ確実に落ちるバグとかあったからね。
PC版>PS4版>PC版という移植を繰り返すことでバグは結構とれたんじゃないかな?

■PC版プレイヤーにとっての新要素
とりあえずPC版プレイヤーにとっての新要素はこのあたりかな?
ただありがたくない要素も結構あるようだ。個人的に大きいと感じる部分だけ書いてみたい。
そうそう武器のリコイルの大幅な低減とノード削除や各種弾薬の永久化などゲームバランスに影響する部分もPS4のパッド操作前提の為か結構おかしい。正直武器や装備カスタムの面白さがだいぶ減ってるような気がする。
でもこのあたりは今後のアップデートで調整される可能性はあるし、調整されたらされたでみんな同じ装備になりがちということもあるので、今回は無視しておく。

・新マップ、弓矢、ライトハードスーツの実装
 こりゃ面白い!このマップだけ遊びたい~とかこれはセットしなきゃな!という新武器などが実装されたとはいいにくい。
 特にライトハードスーツ(ガンマンともよく呼ばれる)と呼び出しのリスクの大幅な低減やダッシュ硬直などが減っていることなどからかなり大味な展開になりがちだ。

・ヒーローのスキン化
 融通の利かなさで使用者もあまり多くなかったが、割と高額な課金アイテムのヒーロー装備が単なるスキンに変更・・・え~。
 ただしこれのおかげで気に入ったスキンを持っていれば、見た目を気にせずにアーマー値やヘルメットの性能を選んで組み合わせることは出来るようになった。
 一応ハードスーツパイロットカモ(装備するとハードスーツの色が変わる)の上にヒーロースキンをかぶせることが出来る。
 再度ヒーロースキンの選択画面に入ると色が元に戻ってしまうのでバグの一種っぽいから修正されてしまうかもしれない。だがグリーンやパープルのジオンカラーのハードスーツにリリススキンとか乗せるといかにもパイロットという感じに出来るのはメリットかも。

・新武器パーツの追加
 エイリアン風の残弾数表示のドットサイトやIRスコープなどは見た目の違いに過ぎないが、LMG-Rにドラムマガジン(80発装填でリロード速度低下)が追加されたりLMGにボックスマガジン(特殊弾が入れられる)が追加されたり、ショットガンARkにドラムマガジンが追加されたりと細かい変化がある。
 たとえばLMG-Rは連射速度の遅さのおかげで長く制圧射撃が可能だ。また連射速度の遅さゆえに懐に飛び込まれそうな通路での制圧射撃にはドラムマガジンのショットガンも有効だろう。以前のショットガンではリコイルが強すぎてフルオート射撃では使いにくかったし、LMGの制圧射撃もリコイルコントロールを意識する必要があったがそのあたりの問題が減って、制圧射撃中に残弾数に一瞬目をやる余裕ぐらいはできた。
電撃弾も以前に比べてノードなしでも戦いやすいダメージは出ている印象ではある。

とりあえず大きなところではこんなところだろうか?
雰囲気として”Blacklightらしい面白さ”がずいぶんスポイルされてしまった。
ただ初心者にとっておすすめのマップとゲームモードしか遊べない状態となり、チームチェンジも一度スペクトに入って~といった必要もあるので露骨なチームチェンジもできなくなった。これはある意味でプラスかもしれない。
要するにCoDっぽくてオペレーション7っぽい”基本無料ゲーム”としては可能性が高まったともいえる。

それにSiege勢やメトロオブジェ勢みたいなプレイヤーにとってもよいゲームモードを対策をとって再実装してくれるかもしれない。DirtyBombというライバルもあることだしね。

とりあえずSiege勢とメトロオブジェ勢ならば当面DirtyBombに避難しつつ、オブジェクティブモードの再実装やPS4ではなんちゃって日本語も入っていたのだがら正式なリージョン対応を待ちたいところだ。

~~~というかまだ日本から課金できないよね?
今までSteam経由で課金出来てたはずだけどARC経由でしか課金できないようだし、paypal決済しようとしたら受け取り拒否された。
課金させれ~!ジオンカラーのリリススキンをセール中に課金購入させれ~!!

追記:課金が出来るようになりました。Steam経由ではなくパーフェクトワールドのARC経由でなのでトレーディングカード引く権利は増えないと思いますけど。

FPSゲーマーならアニメもヌルヌル

ということで特集記事のコーナーを追加しました。
本来はBlacklightのコーナーの予定だったんだけど、アップデートでSiegeなくなるとかオワコンすぎるし、記事が増えそうにないしね。
このエリアでは主に3Dでゲームを遊んだりとか、個人的趣味で買ったゲーミングデバイスの使い勝手を独断と偏見でレビューしてみたりとかいった記事が中心になるかと思います。

まず第一回はアニメをヌルヌル見る方法!

これはもちろんAMDのFluid Motion技術を適用してのブルーレイアニメの再生方法について。
いや、これ自体は対応製品買ってみれ!ってことなんだけど、その組み合わせで買ってるアニオタって確率的にまったくいないんじゃね?とか思うんだよね・・・結構ハードル高い。

ただFPSゲーマーに限ってみれば、ハードウェア的な条件は結構そろってそうな気がするので出来るだけ安くヌルヌルアニメを堪能する方法について今回は書いていきたいという訳だ。

まず”基本”となる条件について~~
1)Fluid Motion対応のAPUを積んだパソコンかグラフィックカードを搭載
2)ブルーレイドライブ
3)ドライバーとAMD CCCをインストールし、流体モーションのオプションをオンにする
4)PowerDVD14か15のPRO版かURUTRA版を買う
5)120Hz以上の表示ができるディアルリンク接続モニター
6)対象となるブルーレイのアニメソフト
ざっとこんなところになるだろうか?最低限でもこんだけ必要なんだろねぇ。
グラボ2万、モニター3万、ソフト1万円は普通必要になるし、それに対象となるアニメBDソフトとかレンタルはDVDばかりであまり置いてないので自腹で買うとなるとさらに数万円という出費。

~~~普通のアニオタには無理じゃ!!って感じ。
それにPowerDVDの体験版試した感じではAMDの3D対応モニターとFluid Motionのヌルヌル表示が共存できないっぽいんだよね。
つまりPCでヌルヌルアニメを見るなら3D表示はあきらめて、3DモニターはPS3とか3D対応のBDプレイヤーを追加で持ってる必要もある・・・がAMD系3Dモニターとかマイナーなもの持ってるやつはそうそういないだろうからきにしなくてもいいかw

でもちょっとまってくれ。
AMD系FPSゲーマーで120Hzモニターとかなら普通に持っててもおかしくはない。FPSゲーマーでアニオタとなるとまたハードル上がりそうだけど、基本的にはPowerDVD PRO以上を購入するだけ~~と考えると、非常に高くて誰がこんなのそろえられるの?みたいなものも結構ハードルが下がるだろう。というかTwitterアイコンがアニメキャラのFPSゲーマーでアニオタならAMD系でいいんじゃね?とか。

とりあえず持ってるグラボがAMD系のRシリーズならブルーレイがヌルヌル動くかもしれないんだよ!

もし該当するなら試してみてくれ!

■さらなる安さへ~~

ということで環境をそろえるための安さへの挑戦。
一番のハードルは120Hz表示以上のモニターだろう。

【動画比較】AMDのFluid Motionならアニメが60fpsでヌルヌル動く!!【Ascii.jp】
一応ここの記事によると通常のモニターでも60Hz表示可能だということだが、手持ちの60Hzモニターとまだ買う前の体験版のPowerDVDじゃうまく60Hz表示にならなかったんだよね。
今考えるとfps表示のためのレコーディングソフトとかが起動してるからダメだったとかいうオチかもしれないけど、モニターの種類とかデュアルリンク接続してないとダメとかあるかもしれないので、個人的には120Hzモニターがあればいいと思う。FPSゲーマーなら持っててもいいと思うし、リフレッシュレートが高い方が目が疲れないと思うし。

とりあえずモニターの件は棚上げとして、手持ちのモニターで60Hzぐらいは出ると仮定して次はAPUかグラボ。

そろそろPCを新調するとかのチャンスでガチガチなゲーマーでなければCPUとグラボの機能が一体になったAPUでいいだろう。もちろんFluid Motion対応のね。
グラボはFluid Motion対応のものとなると2万円ぐらいする。

だが・・安いR7 250XでFluid Motionを強引に駆動させる方法が出てきた。

Blueskyのホームページ

こちらのページで公開されているDXVA CheckerでCCCのオプション表示を出し、Bluesky Frame Rate Converterで対応プレイヤーで60Hz表示にするという感じ。
これでブルーレイ以外のアニメ動画も一応再生できるはずだ。場合によっては一旦コンバートが必要かもしれないし、DVD画質をコンバートしてまで表示して意味あるかというとちょっとビミョーだけど。

まあ詳細はサイトの方を見ていただくとして、私のショボイR7 250Xでも表示できた。このあたりのグラボなら一万円そこそこなのでアニメの限定版とか買ったつもりでサブPCなどがあればアニメ再生専用のPCにするために追加購入してもいいだろう。

ここまで来たらあとは再生ソフトだけだ。調べてみたがFluid Motion対応のブルーレイ再生ソフトはやはりPowerDVDだけ。対応が始まったのが14からなので14か15ということになる。
最初に書いたけど体験版で試した感じではどうしても3Dモニターとの共存がうまくいかなかった。
なんか最近のドライバーのアップデートにPowerDVDの3D再生でのバグがどうのこうのというのとかあったのでそのせいとかR7 250Xじゃムリとかあるのかもしれないが、とにかく3D機能オフの状態でAcerの3DモニターでFluid Motionがオンにならなかったのであきらめた。
ということで3D機能がないけどブルーレイは再生できるPRO版一択という感じになった。まあ3D再生のブルーレイプレイヤーはあるしね。
サイバーリンク社製のソフトはブルーレイドライブバンドル版のPowerDVD12とPowerDirecter12を持ってるのだが、ダウンロードアップグレードは13か14からしかダメという縛り・・・う~んと悩んでたらなぜかPROパッケージのアップグレード版は12とかからでも大丈夫という。さっそく注文。

サイバーリンクは抱き合わせとか、新バージョンリリース直前にセールとかやってるので、公式サイトでも場合によっては安いかも。

サイバーリンク公式オンラインストア

ということで私の場合ぬるぬるアニメを見るための新規の出費はPowerDVD PROのアップグレードの5~6000円だけだった。
体験版でも一か月ぐらい使えるのでもしAMDのFluid Motionグラボもしくは対応しそうなR7シリーズのグラボを使っていて、自分のモニターでぬるぬる動くか試すブルーレイアニメがあったら試してほしい。

~~いやまあ最初に書けよとか思うけど、めんどくさい手順乗り越えたり、体験版インストールしてやっぱり駄目だったとかだとがっかりするかもしれないので最後にね。w

ちなみに手持ちのBDアニメソフトでは、ほむほむが悪魔に究極進化する方のまどマギ劇場版が効果高く感じたかな?
エヴァQとか3Dシーンはヌルヌル感もあったけど、まあ3Dはヌルヌルしてて当然な感じもするし。
全般的に背景スクロールはどんなアニメでもヌルヌルするんだけど、銀英伝のDVDを最初に見た時に感じた一部背景スクロールのヌルヌル化みたいな違和感があるのであまり評価しない。
同様に最近のマクロス系エフェクトも速すぎてわからん機動も結構目で追えるようになるんだけど、24FPSで追えないような作画を3Dでするなよとも思うからな~。

<追記>
他のモニター(LGエレクトロニクス FLATRON 27EA33V-B)を試してみたらFluid Motionのオンにできた。
体験版だったのかfpsがどの程度出ているのか確認するために録画ソフトなどをBandicam等を起動してたのが原因かも。
ただ場合によってFluid Motionが効いているのに”AMD Fluid Motionを有効にできませんでした。”と表示されることは多い。120Hzモニターでは一度はなかった現象だ。
とりあえずモニターはわざわざ高リフレッシュレートのものを買わなくても大抵大丈夫だと思いますが、完全な状態ではないのかもしれませんね。

俺小隊完成

正直DirtyBomb飽きてきた。
最近はデブ芋砂祭りが酷いというのもあるけど、欲しいキャラを入手してしまったら、なんか金をためるぜ!みたいなのがなくなっちゃってね。

つまらないゲームではないのだが、あくまでそれはカス芋砂がチームに居ないことが条件で、まだまだカス芋は多いからねぇ。ホント芋砂禁止のルール作ってほしい・・・。

それはともかく個人的なハーレム小隊が完成したので、どんなロードアウトを装備してるのか紹介しておく。

~~~
まず基本セットはネーダー、キラ、スパークスの3人。
キラのところはアーティやプロクシが入ったり、スパークスのところはアウラが入ったりする。
キラはあくまで器用貧乏なので爆撃や工兵特化したいときには変更。随伴しての集団援護が必要な時はアウラの方がいいとは思うけど、野良プレイではほぼ固定かな?

アンダーグラウンドは爆撃が生きないのでキラの代わりにプロクシにもするけど、いい勝負ができるメンツがそろってて、ガチっぽく行くとき以外は面倒だからそのままのことも多い。

2015-06-21_00002

ネーダーはぶっちゃけなんでもいいかも。
個人的にはグレネードランチャーで遮蔽物の陰の敵にダメージを与えたら、敵が見えなくても弾をばらまくように撃つのが基本になってるので、マガジン+1とクイックドローが欲しいと思った。

あとメイン武器の使いやすさかな?

始めて作った金のゴールドカードなので愛着があってメイン武器に使い慣れてるってのもあるかな?

2015-06-21_00003

スパークスはとりあえず作ってみたゴールドがこれだったので、そのまま使うことに。

蘇生ビームを撃つためには多少チャージが必要だけど、普通は敵にトドメを刺される前に当てて蘇生しなきゃいけないのですぐに発射することになる~~つまりゲットアップ(蘇生時HP50%)は必須だと思う。

そうなるとゲットアップが付いてるロードアウトカードはヒール系アビリティー強化か、これか、あとはチョッパー(格闘能力アップ)ぐらいしかない模様。

普通なら回復アビリティ補助一択なんだろうけど、そもそもスパークスの回復系アビリティはしょぼすぎるので、それを多少補助したところでそれほど意味はない・・という判断。MGクールダウンもあまり意味ない系オーグメントだと思うんだが、チャペルなどは高い場所にあるので蘇生するために見通しのいい場所~~と考えたら実際MGって結構使うような気がしたり。
まあ武器が使いやすく感じたというのも結構大きいけど。

2015-06-21_00004

キラは確か17000の個別追加購入だったかな?
器用貧乏にするべくこれが一番いいような気がしたので。

アントラックブルは地雷がある場所をとりあえず走って通り抜けて地雷除去。
メカニックは修理などを多少早くして工兵の代わり。
あとはブリッジ第二のストレート正面に陣取って、とりあえず撃ちまくりのためにリロード短縮という感じ。

かなり無駄のない構成だと思うが、もともと器用貧乏キャラなので・・・。

 

で、その他リザーブキャラ

2015-06-21_00005

シルバーのアーティ。

BR-16はAUGに比べて多少接近戦向きだと思う。

若干キラより戦闘、爆撃性能重視にしつつ、弾をいっぱいばらまけるようにした感じ。

実際戦闘しながら最前線まで行くと、「あ、弾がもうないじゃん。ばらまいて補充しなきゃ~」ってのが3点バースト系では結構あってきついよね。

 

2015-06-21_00006

アウラも17000でロードアウト買った。

基本SMG派なんで。最低HPが少し上がったのでゲットアップなくてもいいかなぁ~と今となっては思うけど、SMGでゲットアップもってて戦闘向きなのはこれだけだったので。

まあASIAサーバー出来るまではショットガンって本当に当たらなかったからね~。
といってもASIAサーバー出来ても90~120ぐらいまのでUSサーバーの方が楽しめるのでそっち中心でプレイしてるからSMGが欲しいってのもあるけど。

 

~~~とりあえずこんな感じかな?

プロクシもぶっちゃけなんでもいいと思うので割愛。個人的にはプロクシもSMG派だけど、足の速いプロクシに関してはASIAサーバーが出来た今となってはショットガンの方が主流のような気がする。

武器によって運用がかなり変わるので、この辺はオススメとはいいにくいから紹介してもしょうがないしね。

 

・・・・あれ?そういやスターターパック買った意味なくね?w

FPSゲームプレイ日記とかも

とりあえず設置。
ここではFPSゲーム関係のプレイ日記も書いていきたいと思います。

まあBattleOnlineとかゲーム業界とかその辺に関していろいろブログに書いてた時代もありましたし、一応ニコニコにもFPSゲーム関係としてブロマガはあるのですが、どうも自分のスタイルで気軽に書くにはいろいろハードルが高くなってる気がしなくもないんだよね。

特集記事やコラムとして自分の言いたいことをちゃんと”結論”として展開させるのは今は時流として向いていないというか。

ぶっちゃけゲーム業界やFPS、それにeSports関連における”主流”的な考え方が、どうも”間違ってる”としか思えないんだよね。
正直こんな業界は全部つぶれてしまえと。

ただそれを実際に言葉にすると、主流派の人たちから反発を買うのは必至。そりゃ自分が好きなゲームや業界を否定されてるんだから気に食わないのは当然だ。自分自身もそういった人たちと喧嘩してまで”おまえらそんなクソゲーやってんじゃねぇよ!”というつもりもないし、楽しんでるならそれでいい。
エロゲーやギャルゲーやってるオタが気持ち悪いと思ってる人はそれなりにたくさんいるだろうけど、別に本人に向かってそれを口にしたりはしないでしょ?

なのでアクセスが少ない個人ブログで、それほど主張のないゲーム日記を書こうと思った次第。

こういうのはニコニコのブロマガでもいいんだろうけど、前述のように否定することが目的なわけじゃないので変に炎上みたいな状況になるのも本意ではないしね。
ダメだろ?コレみたいなことを言うけど、状況を変化させたいとか考え方を変えたいとまでも持ってるわけじゃない訳だ。

とりあえず当面はDirtyBombのプレイ日記みたいな感じになっていくかと思います。Blacklightの方でアップデートなり動きがあれば、その辺も書くかな?
他に今プレイしてるのはパズドラぐらいだし、その辺はメインサイトのanimex.jpの方でやればいいと思うし、まったりプレイなので特に書くこともないしね~。

ただBattleOnlineやブログ時代のANIMEXJAPANみたいにゲームブログとしてはここがメインになるはずなので、FPSゲーム以外でがっつりハマるゲームがあればここで書いていくこともあるかと思います。

 

とまあ最初はこんなところかな?ということでDirtyBombも今アップデート前のメンテ中でヒマだったので最初の日記書いてみました。

スパークスの実装あるかな?

個人的にはスパークスは確実に買うと思う。BlacklightのBLPのような定点で芋ってる芋砂対策がゲージ不要でできるからね。
もしくはフェニックスの実装かな?
フェニックスは多分Brinkのセルフリバイブのパッシブアビリティがあると思う。Brinkみたいに自分でアビリティなどを組み合わせられるなら普通にメディックに入れてる能力だけど、デブ系のHP多く無いと意味がないからね。多分買わない。男だしw

まあネクソンはいまや日本が本社で社長は元EAのアメリカ人な訳なんだから、嫌韓が進んだ今の日本ではネクソンアメリカのタイトルを中心にするべきなんじゃないかと思う次第。ぶっちゃけ韓国ネクソンとか朝鮮人のeSportsやゲーム業界への発展のための事業とかに金出してるのが気に食わない。

NCソフト辺りに韓国ネクソンだけ売り払っちゃえばいいんじゃね?

どうせ日本におけるネクソンは運営としての評価は最低レベルなんだし、スマホアプリなんかどうせグローバル展開&日本開発主導なんだから、ネットマーブルみたいに何もないような状態になった方がいいような気がしないでもない。

ほんと攻殻FPSとかくだらんコピーゲーム開発に金出しても意味ないと思うんだけどね・・・。

そういや前にもブロマガで少し書いたけど、ネクソンの日本本社化の手口と経緯をまとめてる記事を見つけた。
韓国-偽装=虚構/NEXON攻殻機動隊オンライン

まあ韓国に金を垂れ流すのをやめさせるには日本における東証一部上場を廃止させることだけなんだよな。
DirtyBombは攻殻FPS開発するためにパクリ元の技術を吸い上げるために購入したようなものなので、儲からなくてもいいものかもしれないけどね。

ちなみに4gamerにおける記事一覧はこちら。

ネクソン(日本) http://www.4gamer.net/publisher/000/P00097/
ネクソンアメリカ http://www.4gamer.net/publisher/041/P04124/
ネクソンコリア http://www.4gamer.net/publisher/000/P00032/

なんで”日本に関係のない”攻殻FPSをネクソンの記事で日本で紹介してるの?www
まあ今のネクソンは攻殻FPSやスマホ会社買収のニュースで株価を釣り上げて、その日本人の金で日本やアメリカの権利や技術を買いまくって、韓国でコピーして権利を自分たちのものにしたうえで中国人にゲームを売るってのがメインの狙いだと思う。
最終的にそれで金儲けが出来て、日本人の株主に利益があればいいんだろうけど、それって昔セガがやろうとしてたことだよね?
セガがどうなったか知ってるの?
サミーに助けてもらうまで落ち込んだ原因じゃろ?
で、いつ死ぬの?wwww

~~というような悪意たっぷりな日記をお送りしていきたいと思います。

BLOGに移行します

とりあえず今までテキストベースのFPSゲームファンサイトとして稼働させてきましたが、スマホへの最適化を進めるにはCMSの採用が必要だと判断し、このたびリニューアルするすることにいたしました。

デザインならびに過去のテキストの移植は順次進めていきますので今しばらくお待ちください。

まあ本格的にDiertyBombが展開されてくるまでにはなんとかしたいところ。