キャラクター解説

キャラクター解説。まずは簡易版で解説し、後に加筆修正していく予定です。
~~~~

このゲームにおいて、戦況に応じてそれぞれ得意分野を持ったキャラクターが存在します。
ゲーム開始時にこれらのキャラクターを3人選び、さらにロードアウトカード(武器やオーグメントにキャラクターや武器スキンがセットされたもの)を選択して出撃します。
ますキャラクターに関しては最初に使える3人。
そして期間限定のローテーションでつかえるキャラクターが常時2~4人程度追加されています。
その他のキャラクターはゲーム内通貨でアンロック可能です。
一試合100~200前後の入手なので、アンロックしようと思うとなかなか遠いのですが、課金する場所はないのでプレイしていればそのうち溜まるでしょう。
オブジェクトと初期キャラの項目で書いたように、まずは最初に使える3キャラクターをしっかり使いこなせるようになることを目指しましょう。

■兵科の役割について
このゲームは5種の兵科(役割)とそれぞれ5人前後のキャラクターが存在します。まず簡単に説明すると~~

・アサルト
とにかく最前線で戦い戦闘力・防御力の高いキャラクター。メイン・サブなどの攻撃武器以外に、対人戦闘に威力を発揮するグレネードやミニガンなどを持っています。

・ファイヤーサポート
EVを破壊したり敵を巻き込んで戦局をひっくり返す爆撃を持ったキャラクター。味方などに弾薬を供給する手段を持っています。

・メディック
ダウン状態の味方を蘇生してすぐに戦線に復帰することが可能です。

・エンジニア
爆弾の設置や解除。また装置やEVの修理が早くなる技能を持っています。そのほか地雷やタレットなど罠に類するものを設置可能です。

・リコン
偵察兵。セミオート系のライフルを持ったスナイパー的な役割ですが、重要なのは各種センサー類を持ち、それに反応した敵位置が味方に伝わることで戦局を有利にする能力です。

■兵科における共通注意事項
実際にキャラクターの解説をする前に、兵科における共通の知識を書いておきます。

・アサルト
グレネードなどは基本的にクールタイム制です。
使うと一定時間経過するとゲージが回復していき、満タンになると1発追加されます。
円形のアビリティゲージの中の数字が残弾数のようなものです。
グレネード類は押しっぱなしにするとピンを抜いてカウントし、近くの敵に投げることが可能。
なお、敵が投げたグレネードを拾って投げ返すことが可能になるオーグメントもありますが、とっさにつかえるものではないのであまり実用的ではありません。
基本的には強い武器が持てる上に防御力・ライフが高くなってますが、その分なかなか回復しません。
回復を意識したり、倒されても蘇生してもらいやすいポジションで戦うことを意識しましょう。
グレネード類はEVやゲート関連装置などにもダメージを与えることができますが、爆撃に比べれば小さいです。

・ファイヤーサポート
こちらもクールタイム制。ただ非常に強力な為、次に使うまでにはかなりの時間を要するものがほとんどです。
味方の弾薬が少なくなるとマークがつきます。その他クイックラジオチャットで弾薬を要求されることがあります。(ニードアモ!などと聞こえます)
できるだけ聞いて近くの味方の為に上手く補充してあげましょう。特に防御側では重要となります。
マップ内でも弾薬補充ができる場所がありますが、時間がかかります。アモパックで弾薬を補充するタイプは高速で補充できますのでこちらを優先したいところです。
また初期状態ではフル状態より弾薬が少ないので、リスポーンしたばかりの味方へ補充して弾薬をフルにしてあげることも可能です。
爆撃は音である程度わかります。またガーディアンエンジェルなどのオーグメントを持っていると、敵の爆撃位置がわかりますので回避しましょう。
またその場合、場合によっては味方に警告のボイスが自動で再生されます(エネミーストライク!インカミング!!等)味方のそういうボイスや爆撃の予備音が聞こえたら、EVなど狙われそうなところから退避しましょう。
ちなみにEVに乗っている最中にオービタルレーザーをの除き爆撃があってもEVのHPがあれば爆撃は耐えます。
また自分が投げた爆撃は味方は大丈夫ですが自分だけは自分の爆撃に当たって死亡しますので注意。

・メディック
蘇生パッド等は押しっぱなしでチャージすることで蘇生時のライフを上げることができます。
同様に敵に使った場合のダメージも上がります。
逆に言えばチャージせずに蘇生しただけでは40%前後(ゲットアップのオーグメントを持っていると蘇生時HPが上がる)しかライフを持っていないので、すぐにやられてしまう可能性があります。
とはいえ戦況を有利にするためにも基本的にすぐに蘇生するのがメディックとしては正解です。乱戦時はメディック側も残りのリスポーンタイマーの計算まで出来ないことが多いので、ダウンしている側の方が周りを見て状況によって蘇生拒否のための自殺もしましょう。
すぐにメディパックやヒーリングステーションで回復できないようならば、安全を確認したうえでチャージして蘇生したほうがいいかもしれません。
メディパックは敵も拾うことができます。あくまで味方が多い場所で使いましょう。
ヒーリングステーションは”回収”することである程度クールタイムゲージもある程度回収できます。立て直すことでヒーリングステーションの耐久値も回復するようなので、余裕があれば立て直しによる移動などもしたいところです。

・エンジニア
オブジェクトルールのこのゲームでは重要な兵科です。
運搬系目標のエリアを除き、ほとんどのマップでチーム一人以上必須といってもいいでしょう。タレットや地雷の反応を遅らせたり、地雷の爆破ダメージを軽減するオーグメントが存在しています。
このためタレット前を無傷で抜けたり、地雷の上を走って駆け抜けて、素通りすることも可能なことを覚えておきましょう。
その場合でも爆発反応があったことなどは音などで分かります。手薄な場所を警戒するために設置するという使い方もアリですよ。
また前述のように過信しすぎても素通りすることで時代などを即時解除したりも可能ですが、地雷を2つ並べるなどすることで、確実に倒すこともできるかもしれません。

・リコン
敵のリコンのセンサーに引っかかると、バシュンという効果音と共に、自分や武器がふわっと赤く光ります。引っかかった位置から逆算して敵のセンサー位置もおおよそ見当がつくと思いますので、みつけたら壊すようにしましょう。
またボムスカッドのオーグメントを所持していると、地雷などと同様に、センサー類もマーカーがついて目立つようになります。センサー類が有効なマップではボムスカッドを持っいるキャラクターやアビリティが一つあるといいかもしれません。
またボムスカッドがあっても直接視認しないと見えません。通り過ぎた看板の根本に置かれていると、正面の敵などに気を取られて気が付かないこともあります。
逆に言えばそういった場所に狙って置いたり、確認や破壊の為に敵が一瞬振り向いたり攻撃するために立ち止まった瞬間などを狙いたいところです。

ここからは個別のキャラについて解説していきます。
若干古いテキストなども混ざっておりますし、まだかかれていないテキストも多いですが、順次追加していきます。

■アサルト

・Fragger
いわゆるグレネードを持っている普通のFPSのアサルト兵科。
グレネードは握ることで爆発時間を調整することができ、ヒーリングステーションやタレット、メディックなどが固まっている防御陣を崩すには有効だ。
連射の効くアサルトライフルやLMGなどを装備し、高いHPを誇る。ぶっちゃけパラメーター的には最強。連続で倒すことでHP30増えると手が付けられない印象さえ感じる。
ただパラメーター的に多少有利でも弾薬が少なく、メディックの支援で回復や蘇生できるこのゲームでは、味方の支援があってこその最強だ。
また接敵を予想してあらかじめピンを抜いておかないとすぐに爆発しないので無駄になることが多い。

ある程度プレイしていれば敵がどんな場所に陣取ってるのかは大抵想像がつく。
そういった場所にグレネードを投げ込みつつ3人ばかりまとめて倒すことができれば、メディックやArtyの居る支援陣地が押しあがって傷ついた自分や弾薬補給もできる。
Skyhammerでも爆撃をグレネードの代わりに使えば似たようなことはできるが、爆撃が終わるまで自分が突っ込むこともできないし、敵に逃げられたり、次の爆撃が溜まるまで結構時間がかかるのでリスポーンごとにアタックを試すといったこともできないからね。
スターターパックを買っていて他のFPSゲームのプレイ経験があるのであれば、使ってみるとオブジェクトを意識しなくても結構活躍でき、味方の支援がありがたく感じるだろう。
基本的に強いのですぐになくなる弾薬や回復など、味方のありがたさを大変するという意味では初心者向きかも知れない。

解説の最後に筆者が使ってるロードアウトを書いておく。どれがいいというのはないがとりあえず無難なもののハズだ。
フラッガーに関してはLMGと悩むところだがLMGはリロードが長いのでアサルトライフルで普通にハンドグレネードを持ったアサルターとして。戦闘力を底上げするオーグメントの方がいいかな?

・Nader
平均的な強さを持ったアサルト・・・ではあるのだが、結構特殊なスタイルだ。
というのもアビリティが時間で回復する連射式グレネードランチャー。それに倒された後グレネードを落とすことで自爆出来るという特殊なもの。
面制圧や攻撃支援といった要素を持ったアサルト兵科だが、主な運用としては攻撃しながら最前線まで接近しつつ、前線で戦って力尽きたら自爆して周りの敵兵を巻き込んで有利にするといった感じ。
まず連射式のグレネードランチャーだが、基本的に爆風に威力はそれほどない。
敵に弾頭を直撃させられれば地雷程度にダメージを与えることができるのでHPが高いキャラ以外は大抵即死させることができる。が、弾速が遅いのでそれほど狙ってできるわけじゃないしね。
主な用途としては遮蔽物の向こうの中遠距離、オブジェクト付近、また曲がり角の向こうや部屋の中など”敵がいそうな場所”に向かって数発発射して、赤いバッテンのヒットマークが出るかどうかで敵をサーチすることができる。
敵が固まっていれば、回復の起点になるメディックなどを狙い攻撃し、倒したところで自爆で巻き込めるようなら自爆することでかなりの敵戦力を削ることができる。
一般的なFPSに当然のようにあるグレネードを使える兵科が少ないので待ちが強くなりがちだが、その待ちを切り崩すことができる切り込み隊長といった感じのキャラだ。
Fraggerに比べると運要素が強いのだが、味方の支援が確実に受けにくい状態に攻め込まれている場合、弾薬補給や回復をあまり考えずに死んだらリスポーンすればいい~~ぐらいの感覚で突っ込んで戦局を打破するヒーロータイプのキャラクター・・・いやヒロインか?
なお倒されて自爆をすぐに起動しても、近くに居る敵に近接攻撃などですぐにタップダウンされると、落としたグレネードが無効化され自爆ができない。
乱戦状態で混乱しているときは近接などでタップダウンを狙い、それ以外の場合は接近は危険なので射撃で追い打ちしよう。
トータルで言えばかなり使いやすい部類のアサルトだ。汎用性が高いといった方がいいかな?
爆発までの時間調整などを考えなくていいし、サブオブジェクトのゲートオープンの為の装置破壊をしやすいというメリットがある。

ネーダーは割とどれでもOK。武器関係の好みで選んでいいかな?
これも基本的には戦闘力の底上げ重視でいいと思う。アビリティ強化系もアリだが、基本的には切り込み隊長なので、敵の陣形を崩す為に耐久力や戦闘持続力は捨てたほうが使いやすい。

・Rhino
ミニガンを持ったデブキャラ。ミニガンは確かに強いがアビリティ扱いで結構オーバーヒートするし、撃ち始めるまでに時間がかかる。使うちょっと前に銃身を回しておいて出来るだけすぐ撃ったりということができなくはないが、弱点もある。
実は武器が弱い。メイン武器はショットガンや連射出来ないハンドガン系とかしか持ってない。固いところ以外いいことない感じに見えつつ、これがアウラのヒーリングステーションと組むとかなり化けるのだ。クソ固いのにヒーリングステーションでバリバリ回復されると手に負えない。マップによってはライノはほぼ必須といってもいいが・・・野良プレイではいいところにちゃんとヒーリングステーションを置いて、死んだらリバイブしてくれる味方がいるかでかなり有効度が左右される面もある。
ちなみにライノのカウンターキャラは‥当然爆撃系はもちろんだが天井が開いていない場所も多い。
そういうところではジャベリンのロケットランチャーで爆殺するのが鉄板。
その他ではネーダーのグレネードランチャーやストーカーの火炎瓶でヒーリングステーションごと焼くというのも手ではあるが、上手いライノはヒーリングステーションとの距離を取って対応してくる場合がある。
逆にライノが対策として有効なのはタートルのシールドを即破壊したり、接近戦を挑んでくるファントムあたりだろうか。ファントムやタートルが有効なマップでは回復手段に乏しくても対策キャラとして入れるのもいいだろう。
一番の特徴はとしてはミニガンの弾切れの心配がないことかな?

ライノはとにかく銃身を素早く回転させるニトロのオーグメントが重要。これがついてればなんでもいい。
基本的には味方のヒルステの近くに陣取るタイプなので防御系。山のようなアイコンのUnshakeableは爆発物ダメージ軽減で、ネーダー対策にあると嬉しい。 見た目対爆スーツだしね。

・Thunder
フラッガーに近いがグレネードの代わりにフラッシュグレネードを持っていること。通常はアサルトライフルは使わずLMG主体な感じのところかな?
投げた後、意外に近くの敵にしか効かないので正直微妙ではあるのだが、フラッガーのグレネードはあらかじめ接敵するポイントを予想しておいて、あらかじめピンを抜いておかなければいけない。
それに比べると敵がいっぱいいる・・という場所で、とりあえずフラッシュグレネードを使っておくことで敵の侵攻を遅滞させやすい。
とはいえこのゲーム、原則自分の攻撃手段のアビリティは自分自身には当たる(味方は当たらない)ので、下手にフラッシュグレネードを投げると自爆するし、敵前でグレネード投げたら背中を向けるなどをしなければいけないのがすごく難しい。LMGも連射より3発ぐらいずつの指切り射撃の方が攻撃精度は高いとかあるので・・・フラッガー同様にちゃんと使いこなすのは難しいキャラクターだ。

クリスマスイベントの時のロードアウトカード。
LMGならなんでもいいかな?このLMGとフラッガーのものと違うのだが、フルオートである程度ばらまきやすいので、制圧射撃に使いやすい。
デフォルトのカードにもあるリロード速度が速くなるドリラー必須・・と思ったけど、どうせある程度安全なとこでしかリロードできんので、フラッシュも含めた突入援護の為の要員。

■ファイヤーサポート

・Skyhammer
爆撃缶(グレネードのように投げて、そのポイントに爆撃を行う)と弾薬をばらまくアビリティを持っています。
特にEVのディフェンス陣営では爆撃以外ではEVにダメージを与えにくいので爆撃兵科のセットは必須。
天井が開けてないと使えませんがEVに大ダメージを与えやすく、クラスター爆雷のように直線状に爆撃をするので一気に敵を倒すことも可能です。
その他の特徴としてはカードによってフルオートのアサルトライフルと3点バーストのアサルトライフルがあることです。
以前は部分的には3点バーストの方が強い面もありましたが、バランス調整によってほぼ同じぐらいの強さになりました。
フルオートの方が扱いやすいと思いますので、初心者が他のFPS感覚でプレイするには一番強くて使いやすいキャラクターと言っていいでしょう。

元課金スキンのオブシディアンやデフォルトで使えるものはいわば運営のオススメロードアウトなので基本的には何を選んでもよい。
スカイハンマーも基本は弾が補充できる戦闘要員だが、EV破壊の為や敵陣一掃の爆撃がウリなので爆発物範囲強化のエクスプロードロンと防衛のガーディアンエンジェルのセットが鉄板だ。

・Arty
弾薬補給有の爆撃タイプのアサルト兵科。Skyhammerと違いセミオートや三点バーストのアサルトライフルのみで、爆撃はポイント指定タイプ。つまり主に中距離戦闘メインで接近戦は弱め。
爆撃はゲージ満タンで2回できる。Skyhammerに比べて爆撃範囲も小さく威力も弱め。
もちろん遠距離からできることでEVの破壊にも、スナイパーや砲台付近の敵の排除にも使いやすい。
なお爆撃はどこでもできるわけではなく、照射してグリーンのマーカーが出る場所。EVに完全に重なった場所にも爆撃できないため、遠距離から効率的にダメージを与えるのは難しい一面もある。
再度の爆撃まで時間がかかるSkyhammerよりこまめに使えるので敵の一掃や攻撃の遅延などに効果がある。
最前線よりほんの後ろ。ヒルステが立っているポイント(多分メディックも近くに居る)から、被弾を恐れずにどんどん敵を排除していくのがよいだろう。そういったポイントに置いては中距離武器と爆撃に弾薬補充は最強のコンビネーションでもある。
戦局が膠着気味の際に使っていって状況を打破するきっかけにしたいキャラクターだ。
スカイハンマーよりちょっと上級生向けのキャラかな?

オブシディアン実装時にこのセミオートのDreiss AR版を仕方なく買って使ってみたら・・めっちゃ強かった。少し前のアップデートで強化していたんだよね。
その後最強武器だったBR-16が弱体化し、エキスパート向け装備として若干の弱体化がされどれも同じぐらいになった。
敵の防御陣を圧迫して突き崩せ。

KIRA

3点バースト系アサルトライフルとアモステーション(以下アモステ)を持って、衛星攻撃を持ったなんちゃって日本人キャラ。かわいいお刺身。
基本的なスタイルとしては直線のメイン攻略ルートを弾薬を無限に補給しながらバリバリ弾薬を降らせて敵の足を止めたり、それでも間に合わないぐらい大量に襲ってきたらレーザーで薙ぎ払ったりという、中~長距離特化型兵科。
とはいえキャラ特性としては割と器用貧乏。オーグメントに戦闘向きのものが少ないのがその原因だろう。
衛星攻撃もEV破壊から芋砂撃退に突入支援と幅広く使えるが、EVに与えるダメージは約半分と爆撃系アビリティの中では貧弱な部類。
正直中国人でよくね?とか思ったりもするんだけど、逆に言えば戦闘向きじゃない補助型のオーグメントが多いゆえの強硬偵察型&有利なポジションを取って敵の侵攻を長時間足止めしたり、出撃直後にダメージを与えたりといったスタイルに特化することが出来る。
たとえば炸裂遅延などのオーグメントも多くの種類のロードアウトカードについているが、これをつけておけば地雷を置いてある場所を素通りすることができる。
3点バーストのアサルトライフルは確かに接近戦での安定的な強さには不安もあるが、メディックや工兵用の武器のように一段弱い武器というわけでは決してない。
敵が待ち構えていそうな場所に率先して突入して、地雷やタレット除去。敵のスポーンを確認したら自分の有利な場所までおびき寄せて戦うといったスタイルが上手くはまれば活躍できるはずだ。
なお、爆撃シールドというものを持ったガーディアンというキャラクターがいる。展開中はフラッガーやアーティーの爆撃やグレネード類を撃ち落して防ぐことができる。このシールドで唯一防ぐことができない爆撃がこのキャラのオービタルレーザーだ。チャペルの攻撃サイドの時にはこれが決め手になることもある。覚えておこう。

キラは悩むところだが、こっちを紹介しておこう。
3点バーストアサルトライフルと、刀を持った攻撃力特化型だ。リロードしながら走れるダブルタイムも便利だ。
ただキラはガーディアンの防御フィールドを突破して一掃する性能を持ったレーザーを持っている。
つまりチャペル後半などがメインのポジションになるが、爆撃が多いマップはガーディアンエンジェルが欲しいというのもある。
使うマップなどで使い分けよう。

・Stoker
火炎瓶のアビリティが使えて、フルオート射撃ができるAK風の銃が使える等、”実質アサルト”のファイヤーサポートだ。アモステもあるので汎用度が高い。
火炎瓶は隠れている敵を確実に倒すという用途にはあまり向いていないが、敵のヒルステなどを破壊したり、狭いルートや設置済みC4の上に置いて敵の侵攻を遅らせる防御に使ったり、室内や天井のある場所の扉を開けるサブオブジェクトの装置の破壊と様々な用途に使える。
唯一爆撃系と違ってEVの破壊にはイマイチ効果が薄いが、非常に戦闘がしやすいのは確かだ。
オールマイティだが、絶対にストーカーでなければいけないという場面がないのが問題かもしれない。
デメリットをあえていうなら・・・ハゲててマスクしてるカッコ悪い雑魚キャラ風なところだろうか。(´・ω・`)

これに関しては参考にならんかな?ほとんど使わないし。
個人的に民間人殺しのAK系やククリナイフ武器嫌いなのでそれ以外の装備のロードアウトという感じ。
それでも悪党の雑魚キャラ感は否めない。

・Javelin
ロケットランチャーを装備し、背中の弾薬製造装置で近くに居る味方に弾薬を配る。そう味方になんだ・・微妙に自分にも弾薬補給してるのだがとても追いつかないので他の味方に補給してもらう必要があるといっていい。(´・ω・`)
ただこのキャラもSCAR風の連射できるアサルトライフルを装備し、ライノを一撃で肉片にする強力なロケットランチャーを装備。”実質アサルト”だ。
だが・・・このお姫様ちょっと強すぎた。主にロケットランチャーが。
少しづつ対人戦に対する弱体化を重ねて今はそれほど強いという感じではない。ただライノを肉片にしたり、天井がある場所のサブオブジェクトの装置を一撃で破壊するといった用途に使える。EVに対しても半分弱程度だがそこそこダメージは与えられるので汎用性が高い。
ストーカーと割と近いところがあるが、防御のストーカー、攻撃のジャベリンといった所だろうか?
ちなみにロケットランチャーは直進モードと誘導モードがある。右クリックで誘導モードに切り替えることが出来る・・が、ただでさえ発射までに時間がかかるようになったのに、誘導中敵から見える場所にいるとかかなり危険。
一応遠距離なら誘導が終わったら直進モードに切り替えて隠れるという事も可能だ。使ってる暇ないけどね。
ネーダーに近いがネーダー以上にライノ対策や対人戦に特化したタイプだといえるかも。

ククリナイフ持ってるけどしょうがない。使わなければいいかという事で。
このキャラも基本的にはSCAR風の独自メイン武器が最優先。

■メディック

Aura

このゲームでは結構蘇生が重要。HPが高めなのでヘッドショットが上手く決まらないと倒したとしてもほぼ1マガジンを使いきってしまう。
その状態ですぐさま蘇生して復帰し、リロード中に返り討ち~とかなんてことも結構あったり。
アビリティは蘇生パッドとヒーリングステーション(以下ヒルステ)を立てる能力。
ヒルステはこのキャラクターだけのアビリティで、味方がダメージを回復するとバリバリ経験値が入ります。ぶっちゃけ何もしてなくてもチームスコアトップなんてことも。
初心者にとってとりあえず突っ込んで修理しとけばOKとかEV破壊しろというオブジェクトの場所でなければこのキャラを選択しておけばOK。
メイン武器はショットガン中心でサブマシンガンも連射が遅かったりとかなり弱めなので注意が必要です。
使い方としては味方のアサルトの付近にヒルステを立てて、やられたら蘇生し、ショットガンで接近させなかったり、味方がダメージを与えた敵のとどめを刺したあとで蘇生したりと前線を維持するにはかなり重要なことも。足も速いですしね。なおロードアウトカードに付属して書かれているアイコンの能力、オーグメントに蘇生時50%回復というものがあります。(ゲットアップ)
出来ればこれのついたカードを入手してから積極的に使いたいところです。瀕死で蘇生されてもすぐ死んじゃいますし、行動の選択肢も限られますからね。というか蘇生された味方が回復のために逃げる選択されると、割と自分が危険。
それと蘇生パッドは溜めることで蘇生時のHPを増やすことができます。
味方が倒れている場所まで走っていく際に、時間的余裕があれば溜めてみましょう。

ずっとゲットアップ&SMG装備のものを使っていたが、オブシディアン実装からこっちを中心に。
アウラの場合C4設置を妨害するオブジェクトの場合、基本防御に徹した方がいい。その場合どうせ近くにヒルステがあるのでヒーリングリーチの方が役に立つ。またC4設置中のエンジニアにSMG撃ちながら近寄っても設置されちゃうことがあり、その辺も含めてショットガンの方がいいかも。
もちろんマップによってSMGの方がいいかも。

・Sawbonez
アビリティがヒルステから地面に置ける回復箱に変更されたメディック。
一応全キャラ自動回復は存在していますが回復するまで隠れてるとかはキック投票されてもしょうがないレベルの迷惑プレイヤー。
つまり自分で回復したいときにすぐに回復できるというのは前線で非常に戦いやすくなっています。基本装備が連射の速めのSMGだしね。
当然アサルターに比べれば戦闘力が劣るわけだが、どうせ蘇生時HP50%のパッシブなどがついているシルバーやコールドまで合成したロードアウトカードをセットするのであれば、いろんなケースで互角以上の戦い方ができることも多いだろう。
扱いやすくオブジェクトタイプのゲームを普段やってない人が協力プレイの雰囲気を味わうにはおすすめのキャラクターかもしれない。工兵は成功すると達成感もあるけど、流れが読めるまでに時間がかかるからね。
問題点としては前線で回復箱をばらまくようにして支援すると、たいしてダメージを受けてない味方が回復箱を吸っちゃたり、それどころか敵が拾っちゃうこともあって、味方を回復させ続けるのが難しいところ。
逆に言えば回復棒もすぐ壊される戦闘の激しい最前線でも傷ついた味方に狙って回復箱を投げることができれば、激しい最前線を維持し敵のアタックからも防御しきることも多い。
ちなみに敵へのタップダウン(蘇生できないように追い打ちやオーバーキル射撃する)は蘇生パッドを敵に使うことでもできる。
通常近接格闘をした後はサブ武器に持ち変える訳だが、慣れてないうちは再びメイン武器に持ち替えたりするのが結構な隙になる。その為タップダウンをする際にメディックを使う際は蘇生パッドを敵に使った方がいいかもしれない。

このキャラもあまり使ってないので参考にならんかも。
基本的には蘇生してすぐにメディパックを投げつけるという感じなので、ヒーリングリーチもゲットアップも重要度が下がる。代わりに何を入れるか‥になる訳だが・・・今となってはフェニックスでよくね?というのがなくはない。

・Phoenix
倒されてもタップダウンされる前ならアビリティで起き上がることができる。そこがフェニックス・・だけどフェニックスは倒されれば起き上がるのは分かってるのでほぼ確実に追加ダメージを受けるのだが・・・w
アビリティの起き上がりに成功した場合、HPも100%になっているので、積極的に狙って行こう。
フェニックスは蘇生パッドによる蘇生と、チャージして自分の周囲に回復するフィールドを発生させる。敵に当たれば多少はダメージも入るぞ。
要するに自分が回復するついでに味方を回復できる。戦闘力もまあまあでソウボーンズの上位互換といえるかも。
ただ回復効率はあまりよくない。それなりに瀕死だとかなりチャージして回復しないとフル回復しないが、使ってしまうと次に使用できるまでのクールタイムが長い。
味方がある程度密集してないと効率が悪いのだが、密集してるとそれはそれで危険だ。狭い通路を味方と一緒に攻め込む・・といった場合に有効だ。
まあ効率が悪いといっても敵にメディパックを拾われる等のリスクや起き上がりアビリティなどを考えるとソウボーンズよりこちらの方が今となってはオススメだろう。

前線で回復し続けるという事になるのでゲットアップかヒーリングリーチか悩むところだが、最終的にヒーリングリーチに落ち着いた。
蘇生したばかりの味方が一時撤退する間、代わりに戦闘するのがメインになるが、回復しとけばすぐに戻ってこれる。後ろに下がる味方をそっちを見ずに回復できるというのがかなり大きい。
また集団での突入などヒーリングリーチの方が有効度が高いという気はする。

・Sparks
ビームのような蘇生銃で味方を蘇生可能だっちゃ。
蘇生銃はチャージすることで攻撃力や蘇生時のHPが上がる。チャージしすぎるとオーバーヒートして一定時間使えなくなるので注意しよう。
以前はチャージしてスナイパー的な使い方もできたが攻撃力が落ちてそういった使い方はしにくくなったようだ。
蘇生銃ということで後方からどんどん蘇生するネクロマンサー的な使い方が出来る・・・が前線に居ないのが問題。つまり芋メディック。
このゲームの場合、戦線を維持するのに蘇生がかなり重要だ。 つまり最前線で味方を蘇生したら、味方が回復ポイントまで撤退する間、”蘇生したばかりの味方の代わりに自分が戦う”必要がある。また爆撃などのタイミングで蘇生してしまってリスポーンまでの時間が長くなるなって事故もある。
女性キャラは全般的にHPが少ないので胴体狙いの狙撃にも弱いのであまり向いてないというのはあるだろう。 つまり芋砂が多い場所では逆にカモられることもある。半分スナイパーのメディックとしてスナイパーがまったく役に立たないマップで汎用性の高いキャラとして使いやすい面はある。
回復手段は小さなメディパック。メイン武器も小さいサブ武器のようなSMGとこの辺も後衛キャラとして使っていくべきだろう。

ネクロマンサーのようにチャージせず後方からバリバリ蘇生するという使い方が多いのでゲットップは必須。
小さいメディパックの回復量アップもないよりはかなりマシだろう。

・Guardian
爆撃やグレネード類など防げる防御フィールドを展開することができる。
アサルトライフルを装備可能でメディックの中では攻撃力が高く、半分アサルトだ。蘇生も手からフィールドを発生させ、その中の味方をまとめて蘇生可能だ。
ただ回復手段がない!メディックなのに!
つまり出来るだけ蘇生時にはチャージさせて蘇生してほしいが、上方修正で即蘇生でもゲットアップを持ってれば半分近いHPで蘇生するようになった。
前述のようにアサルトライフルを持っているので、弾薬さえあれば最前線で戦いやすい。敵に倒されたら即蘇生して駆けつけ、代わりに戦う・・ということがやりやすいのだ。
ただメディックは味方集団の中で最初に倒されてしまうと意味がなくなってしまうことが多い。自分が回復できないので前線にとりあえず出て、接敵したら弾薬を適度に受けつつ一旦引いて、味方に任せつつ自分はHP回復。その後再度戦線参加~ということがしにくい。
とはいえ防御フィールドはあれば勝てたのに!という場面が結構ある。逆転の為の爆撃だからね。
蘇生もできるアサルト・・という感じで積極的に戦線参加していきたい。

金色バージョンは以前あった課金のアンロックのセット品
このキャラの場合、回復手段がないので多少即蘇生の回復量アップが入ったとはいえ、ゲットアップは必須。それにメディックなのにアサルトライフル創部を生かすために独自武器も必須ってとこかな?

■エンジニア

Bushwhacker

地雷の代わりにタレットがおける工兵。
タレットの性能はそれほどでもなく、撃ち初めまでに時間がかかるのでそれほどでもないのだが、例外なく目標の近くに設置されており、壊すのに手間・・というか数秒かかるのが厄介だ。
たとえば地雷とかならProxyが走っていって、踏んで死んでしまっても、メディックが後ろからついてきていて蘇生してくれれば、何事もなかったかのように爆弾を設置したり解除ができる。だが、タレットが隠しておいてあったら破壊するまで目標にアクセスできない訳だ。
また通路出口などでタレットを右側、自分は左側といった感じで敵をクロスファイヤーで一気に攻めることができればアサルトに比べて火力不足の工兵でも十分にカバーして戦うことができる。
このようにProxyが足の速さを生かした攻めの工兵ならば、Bushwhackerは守りに特化した工兵だ。
どちらかといえば地雷を持っていて守りや爆発反応で敵のサーチもできるProxyの方が汎用性が高く人気も高いが、こちらも特定のポイントで非常に有効だ。
少なくともタレットが破壊されるまでそちらの敵を足止めし、目標にアクセスできるというのは目標へのアクセスを成功させるうえで、かなり成功率を上げることにつながっていくだろう。
「嫌なところにタレット置くなぁ~」と感心したら積極的にその場所にタレットを置いてみよう。最初から使えるという点も含め、上手い人のマネをしやすい初心者向けのキャラといえるだろう。

タレットの耐久力アップは必要かな?
反応アップと悩むところだがタレットは気が付かないで通り過ぎようとしたら確実に1人殺せる感じ。
遠くに置いてあると思ったら反応してめっちゃダメージ受けたってのが最近メンドクサイ。
スナイパー系なら簡単に壊せるけど、クソ芋は位置知られたくないからプレイヤーばかり撃ってタレット放置しやがるし固いの優先してます(´・ω・`)

・Proxy
ということで割と必須の工兵。他の工兵は50000かかるので無課金でカード取得、合成にお金を使わないならこれをアンロックするのがオススメ。
地雷を2個まで設置することができます。起動までには少し時間がかかりますのでその点は注意。
目標のアビリティのポイントに設置したり、曲がり角を曲がったところに置いたりすると効果的。後退は遅いですので気が付いて下がってもHPが高いキャラクター以外は大抵死にます。
このキャラクターもショットガンorサブマシンガンで比較的接近戦に弱いのですが、サブ武器がサブマシンガン的なものなので比較的マシ。
ゴールドやシルバーだとオーグメントに走りながらリロードしたり、敵を連続で倒すとHPが最大30上がるものもあるので、敵の注意を地雷や味方の中長距離援など様々な要素で分散していけば、前線を引っ掻き回しながらチクチクとサブマシンガンでダメージを蓄積させながら戦っていくことも可能です。
ちなみに地雷を置いてすぐショットガンで破壊するというプレイスタイルが対人戦でもかなり強いです。地雷を”敵が射撃で破壊”すると、自分はもちろん味方もダメージを喰らってやられるように調整されたので、迂闊にポコポコ投げないで、追加ダメージ用に使うのが今は主流かな?

最近のトレンドとしては自分の地雷を簡単に壊せるようにオブシディアンの装備のようなショットガン+SMGが主流。でも少し前のトレンドとしてはメインとサブの武器が両方SMGというのがプロクシのウリだった。
火力不足で1マガジンで倒せなくても、サブに切り替えてとどめを刺す~そんな感じ。
ある程度開けた場所が多いマップではこっちを使っていく方がいいかも。

・Fletcher
ひっつきグレネードを持った工兵~~ということなのだが正直使い方が難しい。
壁や地面などにくっつくグレネードを設置して起爆することができる。地雷より持てる数が多いが威力は低め。直接敵につけることができれば即死させられるかな?ぐらい。
要するにあらかじめ壁などにくっ付けておき敵陣に突っ込み、ショットガンを数発撃って撤退し、設置ポイントで爆発させまとめて倒したり、サブのSMGでダメージを受けている敵を倒すといった感じ。
屋内などの狭い場所での戦闘のエキスパートでトラッパーという感じ。工兵のなかでも戦闘に特化している印象はある。
ただねぇ。Fletcherが撤退していくところを追いかけるかというと微妙。普通追いかけないよね?
とはいえ地雷もタレットも直接的な戦闘の攻撃にはならない。設置後に起動する時間が長すぎるからね。
それに比べると確実にキャラクターの攻撃力アップになっている。他のFPSでいうところのC4みたいな使い方が普通にできるからね。
工兵でオブジェクトにしっかり絡みつつ、ガンガン敵も倒したいという欲張りな人はチャレンジしてみるのもいいかもしれない。
一般的なFPSに当然のようにあるグレネードを使える兵科が少ないので待ちが強くなりがちだが、その待ちを切り崩すことができる。
意外にどんな局面にも対応できるポテンシャルはあるはずだ。

これもあまり使わないのでよくわからないのでとりあえずオブシディアン購入。
ぶっちゃけプロクシの下位互換なところはある。ただプロクシにしろブッシュハッカーにしろ基本的には防衛向きのエンジニアだ。攻撃時、敵陣を突破してC4設置したりというのは不向きだ。
自分でなんでもやってしまう系キャラだ。

・Turtle
シールドを張ることができる。ぶっちゃけこれのおかげで芋砂がずいぶん減った。芋砂がセンサー以外事実上役に立たなくなる場面がかなりあるのだ。
その結果、かなり芋砂が減って、ゲームとしての環境がよくなったという面もあり、私は積極的に使って行っています。
またLMG対策として使える部分がある。確かにLMGで撃たれると壊されやすいのだが、ステーションの後半等、LMGに敵が入って味方が一気に3人倒された!とかいうのが結構ヤバい。そのために敵がLMGに入ったらちょっと耐えられる間に確実に反撃して倒せる・・という場面にも必要だ。
設置シールドという性能上キルこそなかなか取れないが、存在することで敵の芋砂をかなり無効化し、結果的に”敵が一人いないのと同じ状態”を作りやすい。
ロングがあるからって芋る芋砂に対してレッドカードを与えるためのキャラだ。
ちなみに対策キャラとしてはライノだろうか。修正により撃ちまくられると割とあっさり壊れる。ファントムを呼び寄せることにもなる。
弱点は多いし、本体の攻撃力は大したことないので防御に徹しすぎないようにむしろ攻撃する為のタンク役として上手く立ち回ろう。

基本的になんでもいいが、シールドの後ろにはヒルステ置いたりとか要塞化しやすい。そうなると当然天井が開いている場所などは敵は積極的に爆撃等をしてくるので、ガーディアンエンジェルはあった方がいいかな?
防御型エンジニアではあるのだが、味方を誘導する効果があるので攻撃の要にもなる。

■リコン

・Vassili
いわゆるスナイパー兵科。オブジェクトゲーでは基本要らない子。
とにかく初期スポーンエリアから出てこずに芋っていれば、死なずにキルだけは稼げる。KDレートの表示なんかないのにね。
チャペルのマップではクソ芋のせいで戦力が少なくなりすぎて拠点レイプになることが多すぎてマップ形状が変更されるぐらいの問題のキャラ。
今は比較的スターターパック購入でセットしている人も多いが、Skyhammer、Aura、Vassiliがセットされていたら、いきなりスナイパーをアンロックするヤバイチームメンバーかもしれない。基本的に居ないものだと思って戦力が一人少ないぐらいで考えておこう。
ただまったく要らないかというとそうでもない。
EVや各ポイントに設置されている固定LMGに居るプレイヤーを排除するケースなどに必要。
それに前線に出てハートビートセンサーを上手く隠しながら使ってくれるプレイヤーならばそれなりに役に立つ。でもそういうプレイヤーは本当に稀。
いずれにしろ防御で輝くタイプ。アタッカー側では原則砲台対策以外では使わないようにしよう。それに砲台相手でも3点バーストアサルトライフルである程度対応できるし、上や当然後ろからの攻撃などには弱いので対策は十分ある。
まあ初心者向け兵科解説としては”絶対に使うな”と言い切ってしまってもいいだろう。

使わんので知らんけどw
ヴァシリの一番のメリットはサブにSMGがあるということ。スパークスのメインみたいなやつが。
キル取りたいだけの初心者クソ芋がよく使う由縁だが、とりあえず倒されたりダメージ受けたら逃げ出してニードメディック!とかニードアモ!とか味方をイラっとさせたり、死ね!クソ芋!と言われたらKD見ろwwとかいうバカは自殺してね。

・Phantom
いわゆる忍者。透明化してEMPフィールドで敵のフィールドを一時的に停止させることができる。
元々バランスブレーカーとして酷かったが、弱体化を重ねてそこそこのポジションに落ち着いている。狭い室内などで暴れて、ヒルステの効果を止めつつ敵を一気に3人倒して逆転の糸口を作る・・・などには有効なのだが。だが・・・。
変なところにぐるりと出かけて行って、隠れた状態から敵を一人倒して満足・・・みたいなのが結構困る。
いや、お前も味方からいなくなってんじゃ意味ねぇんだよ。最低2人倒せよ。カス!
ファントム使ってる奴は大体新型のクソ芋です。まあ芋砂よりはたまに役立つからマシといえばましなんだけど・・・ねぇ?
防御側の時にファントム使ってる奴は基本キックしていいと思う。攻撃時専用。

普通は刀のダメージが上がるチョッパーを装備するタイプでいいと思う。これは今は売ってない課金のスラッシュがついたロードアウト。
まあFPSじゃねぇからなぁ・・確かに逆転の要素になる可能性はあるんだが、大体アホがどっか行ってて、知らんところで隠れてて。事実上一人足らないことになるパターンが多い。

・Redeye
直接敵を少しの見ることで一定時間マーカーをつけることができるセンサーを持っている・・だが基本的にカスだ。後方のロングで見えるところにいる敵なんてわかってるんだよ!アホ!というか自分の近くにスモーク焚くな!スモークを通り抜けたら敵が居て殺されたとかマジで撃ち殺してぇ・・・
と、見たら地雷って感じですが私は結構チャペルマップを中心に使ってます。
というのもDreiss ARというセミオートのアサルトライフルを使えるオーグメントカードがあるんです。Artyとかファイヤーサポートで使える武器なのでこれを使うことで”スモークグレネードを持った実質アサルト”になるんです。
前線にどんどん出て敵にとって迷惑なスモークを焚く。その中から多少安全にリスポーン直後の敵にガンガンスポットして敵の分布状況を送ることができる。
ぶっちゃけ倒されても敵リスポーン近くの最前線スポットしておけば味方がしっかり防衛してくれるので、リスポーンして再度前線にでても結構間に合う。リスポーンタイマーを見てあえて突っ込んだり、これ以上生きてるとやばいって時はわざと死んだり。
割と使えると思うんだけど・・・意外にマネする人居ないんだよな。
体感を含めてリスポーンタイマーの把握・管理が必要なので、元BL:Rプレイヤーとかの特権かもw

実質Dreiss AR持ったアサルトです。
とにかく敵陣に突っ込んで、敵のとっては大迷惑なスモークを焚いて暴れては、リスポーンタイマーのタイミングで死んでフル回復で再出撃って感じのスタイル。あまり補給は考えてないので予備マガジンはあった方がいいし、ガーディアンエンジェルも便利です。(爆撃系等でスモークが消えます)

・Aimee
はっきり言ってセンサー以外要らない子。ただセンサーがかなり使える。
ヴァシリのハートビートセンサーは初期からあるので割と置く場所が決まってる。センサーに捉えられたら、そのポイントでタブンここに置いてあるというのもわかるぐらい。
その点、エイミーのセンサーは飛ばせる上に壁などにくっつく。つまり敵が通ってきたドアのすぐ後ろなどに設置されてると、気が付いても振り返ってそのセンサーを破壊しなければいけなくなる。かなり怖いんだよ。
またそういった特徴以外に飛ばせるってのもかなり大きい。
このゲームに限らずFPSはマップに2つ、ないし3つぐらいの侵入ルートがある。その2つぐらいのメインの侵入ルートのうちもう片方に行くまでにかなり時間がかかるような場合に、もう片方側にセンサーを飛ばして設置できる。
よくある戦術として全員で片方のルートを突破しようとするともう片方で守備している敵の人数分突破側が有利になる・・なんてことがある。これが片方にセンサーを設置しておくことで、そういう戦術に出られたときにセンサーに引っかかった方にみんなで戻って防衛が間に合ったりする。スナイパーなので反対側に狙撃するってのも一部ポイントではできたりもする。
不利なところはかなりあるがM14的なやつならそこそこ前線でも戦いやすいので戦力不足なところはセンサー性能で補っていこう。

基本的にはセンサーがが本体なのでスポッターは必須。おまけの本体はボムスカッドで地雷やタレットをどんどん排除していこう。
M14的なのやこれなど、Dreiss ARほどではないものの、セミオートのスナイパーライフルなのでそこそこ連射は効く。援護していこう。

・Hunter
EMPアローのアビリティがあり、タートルのシールドも一時止められるカウンターキャラ・・と思ったら全然使えなかったという感じ。ただ使いこなせばかなり使えるはずだ。理論上。ただ使いこなせる人はほぼいない。
実質メインの狙撃武器がアビリティーの弓矢・・になるのだが、これがスパークス同様にかなりチャージしないとダメージが増えない。それどころかまっすぐ飛ばない。飛ぶのが遅いw
要するにチャージしなければいけないので、ボルトアクション並みに射撃間隔が長いわけだ。
ぴょこぴょこ飛び回るこのゲームでヘッドショットを狙うのはほぼ無理。
・・・例えば設置されたC4に次々と敵エンジニアが3人ぐらい群がって解除しようとすると、このキャラでは最初の1人しか倒せないのよね。
ただ一応いいこともある。SMGがメイン武器として持てるのでヴァシリ同様戦闘力は悪くない。最小威力でも敵にあてればスポット出来る。
つまり他のリコンキャラより前線に出やすいのだ。
ただ一つだけ注意。アロー武器は基本的にどちらもスポット機能があるEMPアローの方は設置物をスポット出来る機能だ。つまりそういうのはガーディアンの防御フィールドですべて無効化される。ぶっちゃけガーディアンが居たらそこに攻撃できないんだ。
現状ハンターよりはるかにガーディアンの方が有効度が高い。つまり敵にガーディアンが居たら半分死んじゃう。
・・・やっぱダメじゃん?w

ガーディアンが居ると役に立たない子になっちゃうが、SMGも持っているので中距離戦も結構できる。
敵全員に連射の一発づつのしょぼい攻撃力の弓矢をあてて、スポットすることもできる。ついでに要塞化したヒルステやシールドも一時的に無効にできる。
中距離でこそ輝くはずなんだが、クソ芋しか使ってねぇ。