基本知識

■基本ルール

攻撃側はオブジェクトを達成する。防御側はそれを制限時間の間、それを阻止し、オブジェクトを守るという事になります。
ゲームモードにおけるオブジェクトルールはこの攻撃か防御のチームに分かれて対戦。ストップウォッチはこの攻撃と防御を交互に行い、より多くオブジェクトを進めた方が勝利。ほぼ同じエリアの場合はキル数等で勝敗が決します(拮抗している場合ドローのこともあり)

では早速基本的なことを解説しよう。
まず起動するとこの画面。まずは中央上部の黄色のPLAYボタンを押してみよう。いつもFPSゲームで使うキーが決まっているなら右上の歯車マークのコンフィグメニューでキー設定しておいてもいいかも。

するとこんな画面が出る。初心者はまず左のトレーニングだ。いわゆるチュートリアルだね。これでオブジェクトルールの基本を教えてくれる。
そのすぐ下のトレーニングビデオではチュートリアルだけではわかりにくいことを教えてくれる。
左上のアサルトコースは移動に特化した練習メニューだ。クリアタイムで評価してくれる。アスレチックをタイムアタックする陸上選手的な感じ?
常に走るのはもちろん一瞬しゃがんでからジャンプする”ハイジャンプ”。壁蹴りなどを駆使することでタイムが短縮できる。まあ初心者のうちはハイジャンプとかできなくていいけど、激しい動きのゲームなのでとにかく目標に向かって走ってくれよ。

これで操作方法はなんとなくわかると思う。とりあえずこのゲーム独自の操作としては…一応自殺するためのキーは覚えておいた方がいいかな?
チュートリアルで行われるが、トドメを刺されてない状態では蘇生することが可能。
メディック以外の蘇生は時間がかかるし、状況によっては蘇生されてもすぐに倒される可能性もある。蘇生され始めたら、周りを警戒して危険と判断したら蘇生をお断りするために自殺するちょっとしたテクニックも必要になってくる。
初心者のうちはそこまで必要ないが、コンテナ等オブジェクトの近くに自分が死んでいると、味方がコンテナを拾おうとしたらなんか蘇生になっちゃった!ってこともあるので、その時の為にも一応覚えておく感じ。

で、わかったら早速実践。
中央のオブジェクトとストップウォッチは実はオートジョインだ。PINGのいいところに空きがないとPINGの悪いところに放り込まれたりすることもある。
右上のサーバーブラウザからPING100以下のサーバーを選んでプレイするのがオススメ。
PING100~200の北米サーバーならそれほど問題なくプレイできる。
以前はプレイヤーのレベルが表示されていたが、チームスイッチする連中の問題があり今は表示されていない。
とりあえず初心者に言いたいことは・・・デフォルトのままプレイしよう。
ローテーションでスナイパーキャラ等が使えるようになっているかもしれないが、基本のキャラは最強と言って最強と言ってもいいキャラだ。
これらのキャラを使いこなしてから少しづつ他のキャラを練習しよう。
ぶっちゃけ下手(初心者)な鉄砲(スナイパー)マジで迷惑なのでご協力お願いします。