DirtyBomb

eSports部の中でプレイしているゲームタイトル。
架空のものというか、お約束として実在ものとは関係ない~~という事にはしてますが、現存しているゲームです。
ここではそのゲームの紹介をしておこうと思います。
ちなみにblacklight:retributionというゲームもプレイ予定でしたが終了してしまいました。Homefrontは部員の人数が増えてきたら校内サーバー立ててプレイするかも。

■Dirtybombとはなにか?
オブジェクトルールの完全無料FPSゲームです。基本無料だったのですが、5年にわたるアップデートの末、ゲームバランスが完成&課金するところがあまりにない為に、開発終了としてすべての要素がゲーム内通貨で買えるようになりました。
steamで無料でダウンロードしてプレイできます。

■オブジェクトルールFPSとは?
オブジェクト(目標)に向かってチーム一丸となって戦うFPSゲームです。
eSports部において”学校でしかプレイできない体験”をするために顧問の先生の独断でこのゲームをプレイさせています。
つまり一人でプレイできるゲームなら家でやれってことですね。

■前作にあたるBRINK
国内でコンシューマー版も発売されていたBRINKはこのゲームの前作にあたります。Steamで無料でプレイできますし、PS3のコンシューマー版も数百円で買えるでしょう。
いきなり対戦とか怖い・・まずは一人でプレイの練習したいといった場合はこのゲームのシングルプレイをやってみるといいかもしれません。こういった目標のクリアやその妨害をしていくゲームです。

FPSゲーマーはプレイしないでください
基本的にはラグビーみたいな感じです。前進しないと話になりません。
日本のFPSゲーマーは動かないで狙撃していればいいみたいなマウスしか操作しない迷惑プレイヤーが多くて・・ぶっちゃけ既存のFPSプレイヤーはやってほしくない・・というかIronsightでもやってろとしか言いようがないのです。
実際に動くための操作が複雑なために、キーボードから手を離すような迷惑プレイヤーだらけになるのもわかるのですが、アクションゲーム寄りといってもいい内容なのでハードルが高くなっているかもしれません。

劇中でも左手コントロールデバイスを使っていますが、ゲーム本体を買ったと思ってコントローラーを最初にかってくれてもいいかもしれません。
ただ今の売ってるRazerのコントローラーはすごく壊れやすいのであまりお勧めしにくいのですが。

~~とりあえず無料なのでやってみて欲しい。

昔からある芋砂虐殺マップ